NISA

【毎週更新】つみたてNISAの運用実績と銘柄をブログで公開。ほったらかし投資のリターンは?

つみたてNISAは税金が優遇(非課税)されている、お得な制度です。若い世代を中心に、つみたてNISAを始める人が増えています。

投資 まなぶ
投資 まなぶ

つみたてNISAに興味がありますが、どれくらい儲かっていますか?損することはないですか?

路井 なびお
路井 なびお

私は2019年からつみたてNISAで運用しています。コロナショックなどでマイナスになった時期もありましたが、たんたんと安値で買い付けたことで、その後の上昇局面では大きく値を戻しています

路井 なびお
路井 なびお

つみたてNISAは最大20年間の長期運用が可能なので、最終的には複利効果で大きな利益が得られるだろうと考えています。

つみたてNISAではどれくらい利益が出るのか気になる方も多いと思います。

そこで、本記事では、私のつみたてNISAの投資銘柄と運用実績を紹介します。

運用実績は毎週更新する予定です。その運用経過をみていけば、つみたてNISA運用の参考になると思います。
スポンサーリンク

つみたてNISAの運用銘柄と、目標金額など

最初に、私のつみたてNISAの運用設定は以下のようになっています。

項目詳細備考
証券会社楽天証券 楽天カード積立で1%ポイントがつくため
投資タイミング毎月1日に33,333円
投資先eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)(100%)(※)20年の長期投資なので、できるだけ分散された株式型が良いと考えたため
目標金額1260万円(2037年)年40万円投資し、平均利回り5%と仮定した場合

※何度か方針変更しているため、実際の運用実績には他の銘柄も含まれています

それぞれについて、簡単に解説します。

先に、つみたてNISAの運用実績について見るにはこちら

つみたてNISA口座は楽天証券で開設

私は、つみたてNISA口座を楽天証券 で開設しました。

楽天証券は以下のメリットがあるため、つみたてNISAを含む投信積立に適しているからです。

  1. 取り扱っている投資信託の種類が豊富(SBI証券と並んで最多級)
  2. 楽天カード決済で投信積立すると、1%ポイントがもらえる(つみたてNISAも対象)
  3. 投信の保有額などに対してポイントがもらえる(つみたてNISAも対象)

中でも、2の投資額に対して1%ポイントがもらえるのは、他社にないメリットです。獲得したポイントを使って投資すれば、実質的な利回りをさらに上げることができてお得です。

また、私が魅力的と感じている、低コストなインデックス投信はほぼすべて楽天証券で投資できます。楽天証券はラインナップの点でも問題ありません

以上のことから、つみたてNISA口座として、楽天証券 を選んでいます。

楽天証券

投資タイミング:毎月1日に33,333円

つみたてNISAの買付タイミングは、毎月1日に33,333円を投資しています。毎月1日というのは、投信積立の楽天カード決済で決められている仕様です。

月末・月初は資産価格が若干高くなる傾向がある(TOM効果)ようです。投資タイミングとしては少し不利ですが、それ以上に楽天カード決済による1%ポイントがお得なので、1日にしています。

もし楽天証券以外を使う場合なら、1日でなくても良いかもしれません。

投資先は全世界株投信に100%

現在は、eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)にすべて(100%)投資しています。

ただし、過去には他の銘柄にも投資していたため、運用実績には他の銘柄も含まれます。

魅力的に感じる投信は2つある

路井 なびお
路井 なびお

正直言って、米国株投信と全世界株投信で迷いました(今もこの選択でよいのか悩むところはあります)。

個人的に、私は米国株を魅力的と感じています。

米国株は世界的に活躍する大手IT企業などが多いです。さらに、米国企業では株主の利益の最大化を重視する傾向が強く、不正行為などの不安も(新興国株などに比べて)少ないという良さがあるためです。

そのため、米国株投信100%にしようかと迷っていた時期もありました。

全世界株投信を選んだ理由

しかし、最終的に全世界株投信を選んだのは、投資先が分散されているものほど、長期投資に向いていると考えたためです。

実際、2010年代は米国株が好調、新興国株が不調だった一方、2000年代は米国株が不調、新興国株が好調でした。もし米国株だけで投資する場合、2000年代のようにあまりリターンが得られなくなる可能性があります。

つみたてNISAは最大20年間の投資であり、2010年代のように米国株の好調なリターンが続くとは限りません。将来はどうなるかわからないという前提のもと、投資先を広く分散できる全世界株投信を選びました

路井 なびお
路井 なびお

とはいえ、全世界株投信の投資先の55%が米国株です。運用成績はある程度似通ったものになるので、どちらを選んでも良いと思います。

将来の目標金額

私は2019年につみたてNISAを始めたので、投資可能期間は19年間(2037年まで)です。

毎年40万円(毎月33,333円)投資し、平均利回り5%で運用できたとしてシミュレーションすると、2037年時点の資産額は以下になります(引用:楽天証券の積立かんたんシミュレーション)。

つみたてNISAの目標金額

つみたてNISAの目標金額

つまり、合計760万円の投資に対して、約500万円(約66%)の利益が出る計算になります(つみたてNISAは非課税なので、すべて利益になります)。

目標金額を1260万円とすることにしました。

投資は、自助努力でどうにもならない部分が多いですし、直前で暴落する可能性もあります。上記のように目標金額を設定するというのはあまりふさわしくないかもしれません。

しかし、将来像がわかるほうが継続しやすいと思います。そこで、上記の1260万円を目標金額としました。

路井 なびお
路井 なびお

1260万円は達成できるかわかりませんが、760万円投資するという部分は達成したいですね。

つみたてNISAの運用実績

つみたてNISAの運用実績を時系列でまとめました。暴落が起きた時などの状況を振り返れるように、その時の出来事や心境などもコメントしました。

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/6/12時点)

20210612 つみたてNISA運用状況

2021/6/12 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+311,074円(+31.1%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:248,251円

今週は米国などの先進国株が大きく上昇しました。トータルリターンは31.1%となり、過去最高を更新しています。

今週は大きな波乱もなく、米国の代表的な株価指数であるS&P500は最高値を更新し、ナスダック指数も最高値近辺まできました。

全体的に楽観ムードになっている一方、出来高は全体的に少なめであり、様子見姿勢も強そうです。

経済再開による景気良化と、金融緩和終了懸念の綱引きが今後も続きそうです。

目標金額まで残り:1129万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/6/5時点)

20210605 つみたてNISA運用状況

2021/6/5 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+306,680円(+30.7%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:243,844円

今週は新興国株式が大きく上昇しました。

週半ばにはハイテク株を中心に大きく下落する場面もありました。しかし、金曜の雇用統計がコンセンサスを下回ったことから、金融緩和縮小が遠のいたと判断され、全体的に持ち直しました。

S&P500はほぼ史上最高値付近、かつVIXは16.4まで低下しており、全体的に楽観ムードに戻っています。

日本ではワクチン接種が加速し、経済正常化の期待も高まっています。このままアフターコロナの世界に軟着陸できることを期待したいです。

目標金額まで残り:1129万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/5/29時点)

20210529 つみたてNISA運用状況

2021/5/29 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+298,409円(+30.9%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:239,845円

今週は全般的に大きく上昇し、トータルリターンは過去最高の30.9%になりました。

株式市場に大きな波乱もなく、円安がやや進んだ(1ドル109円→110円)ことが要因と考えられます。

懸念されていた素材インフレが少し落ち着きを取り戻してきたこともあって、やや楽観が広がっているように見えます(VIXも17台に低下)。

FRBのテーパリング懸念は高まっていますが、このまま軟着陸して業績相場に移行することを期待したいです。

目標金額まで残り:1133万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/5/22時点)

20210522 つみたてNISA運用状況

2021/5/22 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+273,434円(+28.3%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:214,870円

今週は新興国株を中心として、先進国株も大きく上昇しました。

週半ばには暗号資産(仮想通貨)市場が暴落し、株式市場への波及が懸念されましたが、大きな混乱もなく回復できました。

また、これまで下落を先導してきたグロース株がやや息を吹き返しており、この傾向が続くのかに注目です。

目標金額まで残り:1136万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/5/15時点)

20210515 つみたてNISA運用状況

2021/5/15 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+260,400円(+26.9%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:201,836円

今週は新興国を中心に、大きく下落しました。

米国のCPI(消費者物価指数)が予想を超えて大きく上昇し、インフレ加速による金融緩和の早期終了懸念が高まったため、米国だけでなく、世界中の株価が急落する場面がありました。

週後半はやや反騰しましたが、出来高は弱く、本格的な回復とはいえなさそうです。

これから良い買い場がやってくるのでしょうか?来週は重要な一週間となりそうです。

目標金額まで残り:1137万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/5/8時点)

20210508 つみたてNISA運用状況

2021/5/8 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+280,555円(+29.0%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:221,991円

今週は新興国を中心に、やや下落しました。

米国のイエレン財務長官が金利上昇を容認するかのような発言をしたことで、小型・ハイパーグロース株が軒並み暴落する場面もありました。一方、バリュー株や大型株は比較的堅調であり、S&P500は再度高値を更新しました。

また、金曜に発表された雇用統計がコンセンサスより大幅に悪かったことで、早期の金融緩和終了懸念が後退し、株高につながった面もありました。

指数では緩やかな動きですが、セクター間でみるとローテーションが激しく、ボラティリティが高い状況が続いています。

高値警戒感が強い中で緩やかな上昇傾向がどこまで続くのか、気になるところです。

目標金額まで残り:1135万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/5/1時点)

20210501 つみたてNISA運用状況

2021/5/1 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+283,192円(+30.3%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:228,743円

今週は全体的に上昇し、トータルリターンがとうとう30%を超えました

GAFAMなどの好決算が発表され、安心感が広がったほか、やや円安が進んだことが大きかったと考えられます。

一方、好決算で一段高となったGOOG、FBに対して、AAPL、AMZN、MSFTは好決算なのに買いが続かず、失速してしまいました。

すでに期待値がかなり高くなっており、一段高になるには相当の買い需要が必要な状況のようです。

ガス欠感が漂うなか、パウエル議長やイエレン財務長官が経済をどうかじ取りしていくのかに注目です。

目標金額まで残り:1138万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/4/24時点)

20210424 つみたてNISA運用状況

2021/4/24 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+256,780円(+27.5%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:202,331円

今週は米国をはじめとした先進国を中心に値下がりしました。また、円高も進行したため、トータルリターンは3週ぶりに下落しました。

バイデン大統領が富裕層へのキャピタルゲイン増税に言及し、株式市場が大きく崩れる場面がありました。翌日には回復しましたが、出来高がやや乏しく、本格的に回復したわけではなさそうです。

また、株式市場の先行指標ともみられている暗号資産(仮想通貨)は大きく下落したままであり、不穏な空気が高まってきました。

株式市場は高値な一方、金融緩和終了(テーパリング)の早期化懸念、法人増税、キャピタルゲイン増税などの逆風が強くなってきています。

大なり小なり調整は避けられなさそうな情勢ですが、イエレン財務長官やパウエルFRB議長の手綱さばきに期待したいところです。

目標金額まで残り:1141万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/4/17時点)

20210417 つみたてNISA運用状況

2021/4/17 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+270,495円(+29.0%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:216,046円

今週は全体的に上昇し、特に米国など先進国が大きく伸びました。その結果、トータルリターンは29.0%となり、3週連続で過去最高となりました。

米国長期金利がやや低下したことで、グロース株が堅調に推移し、ダウ平均、ナスダック指数ともに最高値付近になっています。

米国経済の回復が鮮明になってきており、楽観ムードが続いていますが、すでに好材料はかなり織り込んでいるように見えます。

次は何をきっかけに波乱が起きるかわかりませんが、警戒しながらも今の株高を楽しみたいところです。

目標金額まで残り:1140万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/4/10時点)

20210410 つみたてNISA運用状況

2021/4/10 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+262,334円(+28.1%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:207,885円

今週は全体的に緩やかに上昇しました。

米国の金利上昇が落ち着いて、やや円高ドル安が進んだものの、それ以上に株高となりました。結局、トータルリターンは28%を超えて、2週連続で過去最高を更新しました。

3月は調子が悪かったグロース株(ハイテクなど)が復調しており、特にGAFAMなどの大手ハイテク株が続伸していることが大きかった印象です。

当面の不安要素は乗り越えたように見え、再び楽観ムードが高まってきました。このまま上昇が続くことを期待したいです。

目標金額まで残り:1140万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/4/3時点)

20210403 つみたてNISA運用状況

2021/4/3 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+256,723円(+27.5%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:202,274円

今週は全体的に大きく上昇し、とうとうトータルリターンが27%を超えました。

2月下旬から低迷していたグロース株に資金が戻り、米国の代表的な株価指数であるS&P500が4,000を超えて史上最高値をつけました。また、円安ドル高も進み、外貨建て資産の評価額を底上げした点も大きかったです。

また、金曜に発表された米国の雇用統計は市場予想を上回り、景気回復を裏付けるものでした。来週の株式市場も上げで始まりそうです。

一方、順調な雇用回復を受けて、比較的短期の金利(2年債、5年債)が上がっており、利上げの前倒しを見据えた動きとみられます。異例の超金融緩和という追い風がなくなることのマイナス面と、景気回復というプラス面の綱引きが今後一層強くなりそうです。

復調の兆しがみられる株式市場ですが、潮目の変化がいつ起こるかに注目したいです。

目標金額まで残り:1141万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/3/27時点)

20210327 つみたてNISA運用状況

2021/3/27 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+217,632円(+24.2%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:167,144円

今週の先進国株は比較的堅調だったのですが、新興国株が急落し、トータルの資産額はやや減少しました。

米国の長期金利上昇によってドルが新興国から流出する流れが続いており、通貨防衛のために金利を引き上げた結果、株安になる新興国が増えています。また、中国政府による中国ハイテク株への締め付けや、米国上場の中国株(正確にはADR)に対する監査強化の動きなどで中国株が売られやすくなっており、全体的に新興国株が弱くなっています。

一方、米国の代表的な株価指数であるS&P500は、金曜の引けに大量の買いが入ったことで最高値圏まで戻りました。しかし、週半ばには下落が続く場面もあり、米国株も強気一辺倒ではないようです。

機関投資家のリバランス売りで1,2月は月末に大きく下落していましたが、3月末はどうなるでしょうか?来週末には積立購入日もありますので、固唾を飲んで見守っていきたいです

目標金額まで残り:1148万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/3/20時点)

20210320 つみたてNISA運用状況

2021/3/20 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+227,208円(+25.2%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:176,720円

今週はトータルで見ると大きな動きがなく、先週と比べて微増という結果になりました。

週半ばに米国長期金利がまた急騰し、ハイテク株が崩れる場面もありましたが、代わりにバリュー株が堅調でした。

注目を集めていたFOMCの結果やSLR(コロナショックを緩和するために一時的に導入された、大手銀行に対する資本面の優遇策)の打ち切り発表がありましたが、大きな波乱になることもなく、無事通過できたという印象です。

当面の懸念事項がなくなり、割高感のあるハイテク株以外には比較的安心感が漂っています。

とはいえ、金融緩和終了の前倒し懸念はだんだん強くなっており、いつ崩れてもおかしくない状況です。今後の展開を注意深く見守りたいところです。

目標金額まで残り:1147万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/3/13時点)

20210313 つみたてNISA運用状況

2021/3/13 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+226,252円(+25.1%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:175,764円

今週は米国などの先進国株を中心に大きく上昇してトータルリターンが最高となり、とうとう25%を超えました。

先週に引き続いて、月曜はナスダック指数の大幅下落でヒヤッとしたものの、その後は金利上昇が一服して株式市場は反騰しました。

ナスダックはまだ最高値から約7%低い位置にいる一方、S&P500は最高値付近、ダウ平均は最高値を更新しています。結局、先週の急落でも押し目買いするのがよかったという結果になりそうです。

一方、週半ばは落ち着いていた長期金利が再び高くなっています(米国債10年利回りが約1.6%、30年利回りが約2.4%)。

先週末と同程度か、少し上くらいの水準になったにも関わらず、株式市場の反応が鈍いため、このまま問題ない可能性もあります。しかし、再び金利が急騰を始めると、グロース株を中心に再度売られる展開もありそうです。

来週予定されているFOMCの結果がどうなるか、それに対して株式市場がどう反応するかに注目です。

目標金額まで残り:1147万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/3/6時点)

20210306 つみたてNISA運用状況

2021/3/6 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+183,305円(+20.4%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:132,829円

今週は新興国を中心に小幅に下げました。

先週末にやや落ち着きを見せていた長期金利が再び急騰し、米国10年債金利が約1.6%、30年債金利が約2.3%になりました。長期金利の上昇に伴い、ハイテク株を中心に株式が売られ、ナスダック100指数は明確に50日移動平均線を割ってしまいました。

最近の月末下落、月初上昇のパターンが崩れ、さらなる下落もありそうな状況です。

ここで切り返すことができるかどうか、来週は正念場の一週間となりそうです。

目標金額まで残り:1152万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/2/27時点)

20210227 つみたてNISA運用状況

2021/2/27 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+185,689円(+21.4%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:139,006円

今週は新興国を中心として、全般的に下げました。先週まで急ピッチな上昇が続いていましたが、とうとう調整が入りました。

長期金利の上昇がさらに加速し、米国債10年金利が一時1.6%、30年金利が一時2.3%を超えました。また、月末のリバランスで株が売られたのも重なって、株安となったようです。

とはいえ、金曜は債券が買われて金利が低下し、いったん山を越えたようにも見えます。

また、最近は月末のリバランスが終わった直後に押し目買いが入り、再び上昇軌道に戻っていることが多いため、来週以降も株安が続くかはよくわかりません。

月曜の状況次第で、今後の展開も変わりそうなので、来週は大事な一週間になりそうです。

目標金額まで残り:1155万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/2/20時点)

20210220 つみたてNISA運用状況

2021/2/20 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+202,080円(+23.3%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:155,398円

今週も全般的に上昇し、トータルリターンは過去最高を更新しました。

株式市場は特に波乱もなく、堅調に推移しました。一方、長期金利の上昇ピッチがやや加速しているように見えます(米国債10年金利が1.36%、30年金利が2.16%)。

今のところ株安にはつながっていませんが、金利上昇を警戒する声が増えているようです。

緩やかな金利上昇ならよいですが、急上昇すると株式市場のショック安につながる恐れがあるので、警戒するほうが良さそうです。

目標金額まで残り:1153万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/2/13時点)

20210213 つみたてNISA運用状況

2021/2/13 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+194,759円(+22.5%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:148,076円

今週は全般的に上昇し、特に新興国株が大きく上げました。

アメリカの財政政策期待などで株式市場は堅調に推移しました。久しぶりにVIXが20を切り、楽観ムードが広がっています。

一方、株式市場は全体的に出来高が細っており、高値警戒感を感じます。また、金利がじわじわと上がり続けており、米国債30年金利はとうとう2%を超えました。

金利の上昇が株式市場を冷やさないか心配ですが、このまま何もないことを願いたいです。

目標金額まで残り:1154万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/2/6時点)

20210206 つみたてNISA運用状況

2021/2/6 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+183,400円(+21.2%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:136,717円

今週は全般的に大きく上昇しました。

先週の急落から一転して、上昇が続き、S&P500は最高値を更新しました。さらに、円安ドル高も進んだため、とうとうトータルリターンは最高の21.2%に達しました。

2020年3月のコロナショック以降、「押し目はすべて買い」という展開が続いていましたが、今回もまさにその通りな結果でした。

とはいえ、今回の回復局面では全体的に出来高が乏しかったのが気になります。機関投資家は上値を追うほどではないとみているように感じます。

長期金利(特に米国30年金利)も直近高値を更新しており、株式市場に冷や水を浴びせないか気になります。

節分天井という格言をぜひひっくり返してほしいものです。

目標金額まで残り:1155万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/1/30時点)

20210130 つみたてNISA運用状況

2021/1/30 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+153,855円(+18.5%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:110,824円

今週は全般的に下落しました。世界の株価指数は新興国を中心に大きく下げましたが、円安がやや進んだため、円建ての資産額は小幅な減少にとどまっています。

今週はロビンフッダー(株取引アプリのロビンフッドを使って投資する、個人投資家のこと)による狂乱相場が大きく話題になりました。

業績が良くないGME(ゲームストップ)株が空売りファンドによる空売り推奨を受けたことに対し、株の交流サイトを通じてロビンフッダーが結託してGME株を買い上がりました。年初は10ドル台だったGMEの株価は瞬く間に300ドルを超え、GME株をショートしていた空売りファンドが巨額の損失を出しました。

さらに次のGMEを狙って、業績低迷で売り込まれていた株(AAL、BBなど)が次々に急騰しました。個人投資家が大手ファンドを締め上げるという、あまり見たことがない状況となりました。

しかし、オプションなどを使ったレバレッジ取引で極端なボラティリティが生じていることや、集団で共謀して価格操作するかのような手法が警戒されており、証券会社による取引規制やSECによる調査などが始まってしまいました。

過度な取引を規制する動きが強まるのではないかという不安が広がったことや、年初から過熱していた相場でいったん利確する動きなどが出て、今週の株式市場は久しぶりに大きく下落しました。

コロナショック以降、下げたところはすべて押し目買いで良かったのですが、今回はどうなるでしょうか?来週は大事な1週間になりそうです。

目標金額まで残り:1161万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/1/23時点)

20210123 つみたてNISA運用状況

2021/1/23 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+165,010円(+19.8%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:121,979円

今週は全体的に増えて、中でも新興国株が大きく伸びました。とうとうトータルリターンが約20%になり、昨年11月以降のパフォーマンスは驚異的になっています。

今週はバイデン大統領の就任式が行われ、材料出尽くしとなることもなく、株式市場は堅調に推移しました。

イエレン新財務長官の公聴会での発言も波乱なく終わり、バイデン新政権の安定感を感じます。

今のところ波乱の芽はなさそうですが、投機マネーの流入で高騰していたビットコイン価格が失速している点は気がかりです。

ビットコイン相場の急落が投資家心理を冷やし、株式相場に波及することも考えられるため、注視していきたいです。

目標金額まで残り:1160万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/1/16時点)

20210116 つみたてNISA運用状況

2021/1/16 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+155,120円(+18.6%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:112,089円

今週は先進国株がやや停滞していたものの、新興国株が大きく伸びました。

先週に引き続き、長期金利が上昇し(10年金利が最大で1.19%)、ハイテク株などを中心にヒヤッとする場面もありました。

しかし、米国債の入札やパウエルFRB議長の発言で波乱が起きることもなかったため、結果的にやや上昇して終わりました。

来週はバイデン大統領誕生で、経済政策、コロナ対策が大きく変わっていきそうです。すでに材料出尽くし感もあるので、プラスに働くかはわかりませんが、今後良くなることを期待したいです。

目標金額まで残り:1161万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/1/9時点)

20210109 つみたてNISA運用状況

2021/1/9 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+150,560円(+18.1%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:107,529円

今週は全体的に上昇し、中でも新興国株が約5%も上昇しました。トータルリターンはとうとう18%を超えました。

米国ジョージア州の上院議員選挙で民主党候補が2人とも当選し、ブルーウェーブ(大統領、上院・下院の過半数をすべて民主党が占めること)が決定したため、大規模な財政政策が決まりやすくなったことを好感していると言われています。

一方、財政赤字拡大による国債増発懸念で長期金利が上昇(10年金利が0.9%台から1.1%台へ)しています。金利と株価はシーソーゲームの関係にあるといわれており、金利高と株高が共存しているのは不気味です。

金利高が止まらなければ、いずれ株式市場に悪影響が出ると警戒する声も増えてきているようです。

年初から過熱気味な株式市場ですが、いつまで続くでしょうか?

目標金額まで残り:1162万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2021/1/2時点)

20210102 つみたてNISA運用状況

2021/1/2 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+127,843円(+16.0%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:88,310円

今週は全体的に上昇しました。年末相場で「閑散に売りなし」という状況で、過去最大のリターンとなりました。

過去2年間の積立で+16.0%になったので、リターンが良すぎるくらいの状況です。

米国の大規模財政支出も決まり、急落する理由は当面なさそうに見えます。とはいえ、楽観ムードは強く、株式市場が高くなりすぎているのは事実です。

今後どうなるかはわかりませんが、今年もよい年になってほしいものです。

目標金額まで残り:1167万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/12/26時点)

20201226 つみたてNISA運用状況

2020/12/26 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+119,595円(+14.9%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:80,062円

今週は全体的に下落し、特に新興国株の下落がやや大きめでした。週初に一時急落してヒヤッとする場面もありましたが、終わってみれば少し下げた程度で済みました。

とはいえ、欧米のコロナ感染は収まる気配がなく、変異種の拡大も続いているのが心配です。

また、中国政府によるアリババグループへの締め付けが強烈になってきて、改めてチャイナリスクが表面化してきました。

年末相場で動き自体は乏しいですが、不安定さを感じるようになってきました。来年の市場がどうなるか、慎重に見守っていきたいです。

目標金額まで残り:1168万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/12/19時点)

20201219 つみたてNISA運用状況

2020/12/19 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+123,696円(+15.5%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:84,163円

今週も全体的に上昇し、中でも先進国株の伸びがやや大きめでした。

木曜のFOMCを波乱なく通過し、金曜はTSLAのS&P500組入れ、クアドラプル・ウィッチングという2大イベントもありましたが、大きな下落にはつながりませんでした。

つみたてNISAのトータルリターンは過去最高になり、買い需要が本当に強いと感じます。

とはいえ、ワクチン接種が続々と始まり、期待感はすでに織り込んでいると思われます。上値余地は限定的に感じますが、今後どうなるでしょうか?

また、寒さが増す中、コロナの感染状況は日米欧でさらに拡大しています。ブラックスワンが起きないことを祈りたいです。

目標金額まで残り:1168万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/12/12時点)

20201212 つみたてNISA運用状況

2020/12/12 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+116,432円(+14.6%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:76,899円

今週は新興国株を中心として、全体的に上昇しました。11月からのリターンの上昇は著しく、とうとう+14.6%まで来ました。

ワクチン接種が開始され、経済的な指標も波乱がなかったためです。また、テスラのS&P500組入れ決定をきっかけにハイテクグロースの一部に資金が集まっています。

一方、アメリカのコロナ感染状況は一段とひどくなっており、経済活動の制限も強まっているようです。日本でもGo Toキャンペーンの一時停止が議論され、経済的なダメージの深刻化が懸念される状況です。

さらに、今週末はブレグジット交渉が大詰めを迎えていて、英国のノーディール離脱が現実味を帯びているようです。

不安材料が多すぎな状況の中で株式市場が高値を維持できるのか、慎重に様子を見守っていきたいです。

目標金額まで残り:1168万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/12/5時点)

20201205 つみたてNISA運用状況

2020/12/05 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+111,263円(+13.9%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:71,729円

今週は米欧など先進国株を中心に上昇が続きました。

イギリスでの新型コロナワクチン承認や、近くワクチン接種が始まる見通しなどのニュースを受けて、経済回復期待が高まったためと考えられます。

一方で、米国雇用統計で新規雇用者数が鈍化するなど、新型コロナの感染が収まるまではまだまだ険しい道のりが続きそうです。

株式市場は早くもアフターコロナを織り込んだ水準になっているように見えるのが心配です。このまま波乱ないことを願いたいです。

目標金額まで残り:1169万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/11/28時点)

20201128 つみたてNISA運用状況

2020/11/28 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+105,338円(+13.7%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:69,150円

今週は全体的に上昇しており、特に新興国株が強かったです。合計含み益はとうとう10万円を超えました。

ファイザー、モデルナに続いてアストラゼネカのワクチンも高い効果が示されたとのことで、楽観ムードがさらに高まっています。

バリュー株の回復の裏で、最近不調だったハイテク株が伸びてきたことが大きかったです。

一方、国内では新型コロナ感染が止まらず、経済の再停止が視野に入ってきました。楽観モードのままでいいのか、本当にわからない状況です。

不安は尽きないですが、急落なんてことがないように願いたいです。

目標金額まで残り:1173万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/11/21時点)

20201121 つみたてNISA運用状況

2020/11/21 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+89,810円(+11.7%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:53,623円

今週は全体的に小幅に上昇しており、やや新興国株が強かったです。

先週のファイザーに続いて、モデルナのワクチンも90%を超える予防効果があったと発表され、株式市場には楽観ムードが高まりました。

一方、米国のコロナ感染者数は急激に増えており、ワクチンが一般的に使われるようになるまでの期間(数か月~)を乗り切れるのか心配になってきました。

また、ムニューシン財務長官がFRBに「未使用の緊急金融支援の資金返還」を求め、一部で動揺が広がっているようです。

リスク要因も多い中、楽観モードでよいのか不安を感じるところです。

今冬の感染増加を乗り切れるのか、注目していきたいです。

目標金額まで残り:1174万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/11/14時点)

20201114 つみたてNISA運用状況

2020/11/14 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+85,899円(+11.2%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:49,711円

今週は、全体的に大きく上昇し、特に先進国株の上げが大きかったです。

アメリカ大統領選の不透明感が解消されつつあるのに加えて、ファイザー・バイオンテック連合の新型コロナワクチンの予防効果が90%もあるという中間報告があったことが大きかったです。

この報道で一気にリスクオンが進み、低迷が続いていたコロナ直撃銘柄が息を吹き返しました。その結果、ダウ平均は一時、過去最高値を更新しています。

積立をしていると、こういう瞬間に立ち会えるのがうれしいですね。

ワクチンが一般的に使われるようになるにはまだ時間がかかるようなので、このまま上がり続けるとは思えません。とはいえ、希望の光は見えてきましたし、不透明要因はひとつ減ったように思います。

期待しすぎずに続けていこうと思います。

目標金額まで残り:1175万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/11/7時点)

20211107 つみたてNISA運用状況

2020/11/7 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+65,086円(+8.5%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:28,898円

今週は、米国などの先進国株が大きく上昇しました。

最大の懸念事項だったアメリカ大統領選挙はバイデン氏優勢となり、波乱懸念が払しょくされつつあることが今週の大幅上昇の要因と思います。先週まで手じまい売りしていた投資家が一斉に買い戻しに動いたようです。

不透明感はだいぶ薄れ、株式市場は久しぶりに明るくなっています。

一方、米欧の新型コロナの感染拡大は依然深刻で、かつアメリカがねじれ議会になるかどうかなど、懸念事項は山積みです。

不安は多いですが、今後良くなることを期待して続けていきます。

目標金額まで残り:1177万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/10/31時点)

20201031 つみたてNISA運用状況

2020/10/31 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+29,270円(+4.0%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:-3,725円

今週は新興国が底堅かったものの、米国などの先進国株が大きく下落しました。

欧州で新型コロナ感染が再拡大し、各国で再びロックダウンに追い込まれたため、欧州発でリスクオフの流れになっています。

米国は今のところロックダウンになっていませんが、感染者が増加していることを懸念して株価が急落したようです。

また、来週はアメリカ大統領選挙があり、ハイボラティリティが予想されるため、手じまい売りをした投資家が多かったのも株価急落の一因とみられます。

リスク要因が多すぎて不安定な状況ですが、こういう時こそ投資のチャンスです。あまり期待せずに、粛々と積み立てていこうと思います。

目標金額まで残り:1184万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/10/24時点)

20201024 つみたてNISA運用状況

2020/10/24 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+56,662円(+7.7%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:23,668円

今週は新興国が堅調だったものの、米国をはじめとした先進国がやや不調でした。

追加経済対策を見込んで長期金利が大きく上昇し、これまでけん引役だったグロース銘柄の株価が下がりました。

日替わりで雰囲気がころころ変わっており、大統領選挙を前にして市場が不安定になっているのを感じます。

来週もボラティリティが高い状況が続きそうです。

目標金額まで残り:1181万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/10/17時点)

20201017 つみたてNISA運用状況

2020/10/17 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+63,148円(+8.6%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:30,153円

今週は前半に増加しましたが、後半は小幅に下げて終わりました。欧州のコロナ感染再拡大で経済活動が制限されたことなどが原因と考えられます。

アメリカ大統領選も近づいてきて、混迷の度合いが増しています。しばらくボラティリティが高くなりそうであり、まったく先がみえません。

一喜一憂せずに積立ていこうと思います。

目標金額まで残り:1180万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/10/10時点)

20201010 つみたてNISA運用状況

2020/10/10 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+65,808円(+9.0%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:32,813円

今週は全体的に上げました。民主党のトリプルブルー(大統領、上下両院を制すること)期待が高まったことで、大規模な財政政策を早期に実現できる可能性が高まったからと言われています。

とはいえ、選挙は水物であり、何が起きるかわかりません。また、期待先行で上げすぎているようにも見え、「期待買い、実現売り」になる可能性も感じます。

今後どうなるかまったくわかりませんが、長期目線で積立を続けていこうと思います。

目標金額まで残り:1180万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/10/3時点)

20201003 つみたてNISA運用状況

2020/10/3 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+47,821円(+6.8%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:17,867円

今週は全体的に上げました。先週まで大きく下げていた米国株の戻りがやや大きかったです。

ただし、週後半は追加財政対策期待がしぼんだうえ、トランプ大統領の新型コロナ感染のニュースで再び売られました。金曜の分がまだ反映されていませんので、実際の資産額はもう少し少なそうです。

幸い、トランプ大統領にはコロナの症状が出ていないそうなので、まずは安心です。しかし、今後の株式市場のボラティリティは高くなりそうです。

大きく下げる場面もあるかもしれませんが、積み増しのチャンスと考えて続けていきます。

目標金額まで残り:1185万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/9/26時点)

20200926 つみたてNISA運用状況

2020/9/26 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+26,849円(+3.8%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:-3,105円

今週は全体的に大きく下げました。大手銀行でマネーロンダリングがあったことや、テスラの失望売りが起きたことなどにより、銀行株やハイテク株などが大きく売られました。

9月に入ってから下げ相場が続いており、8月に増えた含み益の多くを吐き出してしまいました。先週のFOMC以来、売りの勢いが強い状態が続いており、今後の展開がやや心配な状況です。

来週は反転することを期待したいです。

目標金額まで残り:1187万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/9/19時点)

20200919 つみたてNISA運用状況

2020/9/19 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+45,959円(+6.6%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+16,005円

今週は全体的にわずかに下げました。先週のハイテク株中心の下げがいったん収まったようです。

とはいえ、FOMCは現状維持にとどまり、雰囲気は悪いままです。いつベアマーケットに変わってもおかしくない状況ですが、穏やかな調整で済むことを期待したいです。

目標金額まで残り:1185万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/9/12時点)

20200912 つみたてNISA運用状況

2020/9/12 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+47,320円(+6.8%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+17,366円

今週は米国株が大きく下落したものの、新興国株はやや軽微な下げにとどまりました。

先週から始まったハイテク株中心の下げがまだ続いています。押し目とみて買う投資家も多く、オールドエコノミー銘柄は比較的堅調ですが、雰囲気は悪化しているように見えます。

来週のFOMCでどんな反応が出るかわかりませんが、大きな暴落に発展しないことを期待したいです。

目標金額まで残り:1185万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/9/5時点)

20200905 つみたてNISA運用状況

2020/9/5 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+64,286円(+9.2%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+34,332円

今週は先進国、新興国ともに下げました。週前半は好調だったものの、後半に米国株市場を中心に、大きく調整しました。

8月に大きく上げていて過熱感がありましたので、この程度の調整は当然と感じます。とはいえ、TSLAやAAPLなど、市場を先導していた銘柄が大きく崩れていたのは気がかりです。

大きな暴落につながらないことを期待しつつ、淡々と積み立てていきます。

目標金額まで残り:1184万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/8/29時点)

20200829 つみたてNISA運用状況

2020/8/29 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+71,124円(+10.7%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+44,061円

今週は先進国、新興国ともに大きく伸びました。最近、株高が続いていたので、トータルリターンがとうとう10%を超えています

ただし、安倍総理が辞任を発表した影響で、日本株安・円高が進んでおり、週明けはややマイナスになりそうです。

次の総理がどういう経済政策をとるかによって、日本経済には大きな影響がでそうであり、政治リスクがにわかに大きくなってきました。

とはいえ、世界に分散投資しているので、極端に円高にならない限り、つみたてNISAへの影響はあまり大きくないだろうと考えています。淡々と積立て続けていきます。

目標金額まで残り:1186万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/8/22時点)

20200822 つみたてNISA運用状況

20200822 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+50,674円(+7.6%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+23,611円

今週は先進国株、新興国株がやや下げたものの、米国株は堅調でした。先週、上昇していた国債利回りは反落し、落ち着きを取り戻しています。

一方、アメリカのハイテク株などで構成されるナスダック指数は連日の最高値更新で、株高が過熱しているようにもみえます。

大なり小なり調整は避けられないと思いますが、、淡々と積立を続けていこうと思います。

目標金額まで残り:1188万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/8/15時点)

20200815 つみたてNISA運用状況

2020/8/15 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+57,754円(+8.7%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+30,691円

今週は米国株を中心に、先進国株が一段高になりました。先週の雇用統計が良かったことから、出遅れていたバリュー株に見直し買いが入り、指数を押し上げました。

一方、米国債の大増発により、米国債金利が先週までと一転して上昇を始めています。あまりに上昇しすぎると株高の前提を覆しかねないですが、どこで止まるのでしょうか?

良い押し目が来るかもしれませんので、粛々と続けていこうと思います。

目標金額まで残り:1188万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/8/8時点)

20200808 つみたてNISA運用状況

2020/8/8 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+44,670円(+6.7%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+17,606円

今週は月1回の買付(33,333円)がありました。ドル安が一服し、決算が良かった大手ハイテク企業(GAFAMなど)の上昇が大きかったことで、指数も上昇しました。

特にアップル、マイクロソフトの上昇が大きく、個別株で利益がでた投資家も多かったのではないでしょうか。

一方、SaaS銘柄のように、好決算で大幅に売られた(利確売り)銘柄も多く、やや不穏な感じもします。

だいぶ高値圏には来ているので、今後どうなるかわかりませんが、淡々と続けていこうと思います。

目標金額まで残り:1189万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/8/1時点)

20200801 つみたてNISA運用状況

2020/8/1 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+24,511円(+3.9%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+188円

今週は全体的に下落してしまいました。急に円高ドル安が進んだ影響が大きかったです。

一方で、心配されていたGAFAの決算が予想以上に良く、金曜日はGoogleを除く3社が急上昇しました。ハイテク銘柄がけん引する相場がさらに続いており、週明けはやや回復すると思います。

とはいえ、オールドエコノミー銘柄を中心に、業績悪化が目立ってきています。特に、オールドエコノミーの比率が高い日本株は株価下落が顕著になってきており、3月の安値を下回る銘柄も少しずつ出てきました。

安値で買い増せるチャンスが来たと考えて、粛々と続けていきます。

目標金額まで残り:1194万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/7/25時点)

20200725 つみたてNISA運用状況

2020/7/25 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+39,189円(+6.2%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+14,866円
ただし、今週は祝日だった木・金曜日に、日本市場以外で株安が進んでいました。実際はもう少し資産額少なくなっていると思います。

今週は全体的に資産額が増えており、特に新興国が良かったです。コロナの感染が新興国にも広まっていますが、株式市場は関係なく上がっています。

今週は米株決算が本格化し、今まで市場をけん引してきたナスダック銘柄が好決算でも反落するケースが目立ちました(MSFTやTSLAなど)。やや息切れ感を感じますが、あまり気にせず積立を続けていこうと思います。

目標金額まで残り:1193万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/7/18時点)

20200718 つみたてNISA運用状況

2020/7/18 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+30,785円(+4.9%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:+6462円

今週は、新興国が良くなかったものの、米国などの先進国が伸びて、トータルではプラスになりました。懸念材料だった、米国金融株の決算が予想より悪くなかったため、全体的に伸びました。

予想に振り回されずにたんたんと積み立てることは大切ですね。

世界的にコロナの感染者増加が止まらないのが心配ですが、このまま波乱が起きないことを願います。

目標金額まで残り:1194万円

つみたてNISAの運用銘柄と実績(2020/7/11時点)

20200711 つみたてNISA運用状況

2020/7/11 つみたてNISA運用状況

  • トータルリターン:+23,177円(+3.7%
  • 目標リターン(利回り5%を仮定した場合)との差:-1146円

今週は新興国株がやや堅調でした。全世界株もやや上昇しています。

トータルリターンはプラスで、目標リターンに対してもそんなに差がありません。コロナショックで安くなった時に買えましたし、順調に回復していることがわかります。

このまま順調に育っていってほしいものです。

目標金額まで残り:1194万円

まとめ

本記事では、私がつみたてNISAで投資している銘柄と運用実績を紹介しました。

つみたてNISAは税金が優遇(非課税)されていて、お得な投資方法です。しかも、一度設定したら基本的にほったらかしでよいです(銘柄変更しても良いですが、面倒なら全世界株投信にしておくと良いです)。

忙しいサラリーマンにとって、つみたてNISAは時間に関するコストパフォーマンスが抜群なのが最大のメリットです。

一方、つみたてNISAは最大20年間の投資なので、途中では何度も暴落することがあると思います。諦めたくなる時もあるかもしれません。

しかし、暴落は安く買うチャンスです。これまでも多数の経済危機がありましたが、世界経済はそれらを乗り越えて発展し続け、株式市場も長期的に上昇を続けています。

暴落を過度に不安視する必要はなく、こつこつと続けていけばよいと思っています(今後の実績報告に期待してください)。

将来を見据えて資産運用をするなら、まずはつみたてNISAから始めてみるとよいです。

私は楽天証券を使っています(ポイントがたまってお得)⇒ 楽天証券

楽天証券

NISAの優遇制度をフル活用する方法

NISAは非課税なだけでなく、手数料無料などの優遇制度があります。

できるだけお得な証券会社を選ぶことをおすすめします。

自分の用途に適したNISA口座を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

路井なびお

自称「優良銘柄選びのソムリエ」。長期投資ブログ「ロイナビ(Long term investment Navi)」の管理人。

長期・積立・分散投資を基本として、インデックス投資と個別株(日米株)投資を実践しています。

優良なバリュー株や低コストなインデックス投信について調査・分析するほか、私が用いている分析方法や便利なツールなどについても紹介しています。

ツイッターもやっていますので、よければフォローお願いします。

Follow @loi_navio

「ロイナビ」をフォローする
「ロイナビ」をフォローする
ロイナビ(長期投資ナビ)
タイトルとURLをコピーしました