【2019】連続増配株ランキングのベスト10。配当性向が低くて、業績がよい銘柄に注目

この記事ではこんな疑問にお答えします。

  • 「高配当株で失敗ばかりしている。配当目的の長期投資に適した銘柄はない?」
  • 「連続増配株って、具体的にはどんな銘柄がある?」
高配当株は定期的に収入が得られるという安心感から、個人投資家に人気です。

しかし、高配当株の中には業績がよくない銘柄もあり、配当金以上に株価が下落することがよくあります。また、業績が悪化しすぎて、減配・無配に陥った場合、配当目当ての投資家の失望売りが重なり、株価が急落することが多いため、注意が必要です。

高配当株投資で失敗したくなければ、連続増配株に投資するのもひとつの手です。

連続増配株は配当の原資である利益が成長している銘柄が多いので、長い目でみて株価が下落しにくく、配当利回りも徐々に上昇することが多いです。

現在の配当利回りはやや低い場合が多いですが、じっくりと長期投資したい人には連続増配株がおすすめです。

本記事では、配当性向が低くて増配余地が大きい、連続増配株ランキングのベスト10について紹介します。

本記事は、自分の銘柄調査の一環として行ったものです。私なりの投資判断が含まれていますが、投資を推奨するものではありません。

投資をする際は、最新の情報を調べたうえで、自己責任で投資判断をお願いします。

スポンサーリンク

連続増配株ランキングの判断基準

本記事のランキングの判断基準は以下の2つです。

  • 連続増配年数
  • 配当性向

連続増配株ランキングなので、第1に重視したのは連続増配年数です。

一方で、配当金の原資は企業が稼ぐ利益です。利益に対して配当金が多すぎる銘柄は配当余力が小さいため、減配・無配(配当金が減ったり、なくなったりすること)に陥る可能性があります。

無理なく増配を続けられる銘柄を探すには、配当性向(純利益に対する配当金の割合)に注目するとよいです。配当性向が低い銘柄は増配余力が大きいため、安心して長期投資できます。

本記事では、連続増配年数が多くて、配当性向が高すぎない(50%未満)10銘柄を紹介します。

連続増配株の中には、人気がありすぎて株価が割高な銘柄もあります。株価下落で含み損を抱えないために、株価の割安さに注意しておくとよいです。

株価の割安さを判断する方法については、こちらの記事をどうぞ。

連続増配株ランキングの一覧

最初に、連続増配株ランキングの一覧を載せます。

それぞれの銘柄について、以下で簡単に解説します。

1位.【4452】花王

連続増配株ランキング1位は【4452】花王です。花王といえば、洗剤やシャンプーなどでおなじみの日用品メーカーです。

花王は業績が緩やかに成長していて、財務体質は良好です。また、花王のような日用品ビジネスは不況時でも需要が減りにくいので、業績が比較的安定している点が魅力的です。

花王の連続増配年数は、なんと日本株でダントツ1位の29年です!平成初期からバブル崩壊後の不況を乗り越えて増配を続けてきたというのは驚異的としか言いようがありませんね。

花王の株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

花王の株価チャート

花王の株価チャート

花王の株価は業績の拡大とともに緩やかに上昇していて、5年間で約2倍になっています。花王の各種投資指標は以下のとおりです(2019年11月)。

  • 予想PER:26倍
  • 実績PBR:5.2倍
  • 予想配当利回り:1.5%
  • 実績配当性向:38.2%

花王の配当性向は高くないので、今後の増配にも期待が持てます

一方、花王は優良銘柄で人気があるため、常に株価が割高です。投資タイミングが難しいですが、〇〇ショックなどで一時的に株安になったときを狙うとよさそうです。

花王は長期投資に適した、優良・連続増配株です。

2位.【8566】リコーリース

連続増配株ランキング2位は【8566】リコーリースです。

リコーリースは事務機大手のリコーの子会社で、リース大手の一角です。リース・割賦事業のほか、金融サービス(ファイナンス・ローン、集金代行、カードサービス)も行っています。

リコーリースは事務機器や光学機器などのリコーグループ製品の取扱が多く、堅実経営で知られています。その業績はリーマンショック後にやや悪化しましたが、その後の景気回復に伴って、緩やかな増益が続いています

リコーリースの株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

リコーリースの株価チャート

リコーリースの株価チャート

リコーリースの株価は5年前から上下を繰り返すレンジ相場となっています。一方、リコーリースは24年連続増配であり、今期の配当は5年前の1.8倍の予定です。株価は横ばいでも配当利回りが増加しているというのはうれしいですね。

リコーリースの各種投資指標は以下のようになっています(2019年11月)。

  • 予想PER:9.4倍
  • 実績PBR:0.64倍
  • 予想配当利回り:2.5%
  • 実績配当性向:20.9%

リコーリースは連続増配銘柄でありながら、配当利回りも比較的高めな点が魅力的です。また、リース事業は長期契約が前提となっているので、業績が比較的安定しているのもよい点ですね。

リコーリースは長期投資するのに魅力的な銘柄です。

3位.【7466】SPK

連続増配株ランキング3位は【7466】SPKです。

SPKは自動車用の補修部品、車検部品の国内外卸大手です。卸売業なので、利益率はあまり高くないですが、リーマンショック直後でも営業利益は半減程度で収まっており、比較的不況耐性があります。

また、SPKは21期連続増配です。また、自己資本比率が約67%で高く、財務体質が良いのも魅力的です。

SPKの株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

SPKの株価チャート

SPKの株価チャート

景気変動に伴って株価は大きく変動していますが、長い目でみると上昇傾向となっています。SPKの各種投資指標は以下のようになっています(2019年11月)。

  • 予想PER:9.8倍
  • 実績PBR:0.81倍
  • 予想配当利回り:2.5%
  • 実績配当性向:23.7%

SPKの株価は業績・財務の良好さに比べて、割安になっています。今後の業績次第では一時的に下がる場面もあるかもしれませんが、長期的に見れば安心して投資できる連続増配株です。

詳しい銘柄分析について、知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
SPKの株価は買い時?21期連続増配が魅力の好業績・好財務銘柄

4位.【4967】小林製薬

連続増配株ランキング4位は【4967】小林製薬です。

小林製薬は熱さまシートや消臭元などの医薬品・日用品のメーカーです。商品は多岐にわたるので、知らないうちに使っている方も多いと思います。

小林製薬は20期連続増配であるうえ、業績が景気に左右されにくいディフェンシブ銘柄として人気があります。

小林製薬の株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

小林製薬の株価チャート

小林製薬の株価チャート

小林製薬の株価は2018年以降に変動が大きくなっていますが、長い目で見ると株価は緩やかに上昇していることがわかります。小林製薬の各種投資指標は以下のようになっています(2019年11月)。

  • 予想PER:36倍
  • 実績PBR:4.1倍
  • 予想配当利回り:0.8%
  • 実績配当性向:28.9%

小林製薬の株価は常に割高感があり、バリュー投資では手を出しづらい銘柄です。〇〇ショックなどで株価が一時的に急落した場面を狙うのがよさそうな優良・連続増配株です。

詳しい銘柄分析について、知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
小林製薬の株価はどうなる?配当利回りと株主優待は?連続増配と高利益率が魅力

4位.【8593】三菱UFJリース

連続増配株ランキング4位は【8593】三菱UFJリースです。

三菱UFJリースは三菱グループの一角でリース業界大手の一角であり、20期連続増配となっています。

三菱UFJリースの株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

三菱UFJリースの株価チャート

三菱UFJリースの株価チャート

三菱UFJリースの株価は大きく変動していますが、5年前とあまり変わらない水準となっています。一方、業績は徐々に拡大し、配当も増加していますので、各種投資指標は以下のように良好です(2019年11月)。

  • 予想PER:8.5倍
  • 実績PBR:0.8倍
  • 予想配当利回り:3.7%
  • 実績配当性向:30.4%

すでに高配当利回りであるにも関わらず、株価はやや割安で配当性向も低いです。

リース事業では急激な成長は期待しにくいため、キャピタルゲイン(値上がり益)はあまり期待できません。一方、配当利回りが高く、今後も増配が期待できるので、長期投資を前提としたインカムゲイン(配当金などの定期収入)投資に適した銘柄と考えておくとよいです。

6位.【9058】トランコム

連続増配株ランキング6位は【9058】トランコムです。

トランコムは物流センターの一括受託業務や、空車・貨物情報のマッチング業務を行っている会社です。一般的な知名度は高くないですが、長年成長が続いていて、18期連続増配の優良企業です。

トランコムの株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

トランコムの株価チャート

トランコムの株価チャート

トランコムの株価は大きく変動しながらも、上昇傾向にあります。トランコムの各種投資指標は以下のようになっています(2019年11月)。

  • 予想PER:14倍
  • 実績PBR:2.0倍
  • 予想配当利回り:1.5%
  • 実績配当性向:20.7%

トランコムは成長企業でありながら、株価は割高ではないことが魅力的です。配当利回りはやや低いですが、今後も増配が期待できそうなので、長期投資に適しています。

6位.【9436】沖縄セルラー電話

連続増配株ランキング6位は【9436】沖縄セルラー電話です。

沖縄セルラー電話はKDDI傘下の総合通信会社で、沖縄における携帯電話シェア5割を誇る企業です。

沖縄セルラー電話の株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

沖縄セルラー電話の株価チャート

沖縄セルラー電話の株価チャート

国からの通信料金値下げの介入があった、2018年10月以降に沖縄セルラー電話の株価は急落している一方、同社は18期連続増配です。その結果、配当利回りなどの指標は、以下のように比較的割安、かつ高配当利回りになっています(2019年11月)。

  • 予想PER:11倍
  • 実績PBR:1.2倍
  • 予想配当利回り:3.7%
  • 実績配当性向:38.1%

KDDIと同じく、今後の業績は通信料金がどうなるか次第です。とはいえ、今後も通信需要の拡大は続くと考えると、沖縄セルラー電話は長期保有に適した高配当・連続増配株と考えています。

また、沖縄セルラー電話もKDDIと同じく、株主優待でカタログギフトをもらえるというメリットもあります。

8位.【9433】KDDI

連続増配株ランキング8位は【9433】KDDIです。

KDDIはauブランドで有名な大手通信会社です。携帯電話事業は毎月安定的に収入が見込めることと、電波の規制があるため、寡占市場であるという強みがあります。

そのため、リーマンショックの後でも売上高・営業利益はほとんど減らなかったという、安定したビジネスモデルが魅力的です。

KDDIの株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

KDDIの株価チャート

KDDIの株価チャート

KDDIの株価は2018年10月に国から通信料金値下げの介入を受けてから、急落しました。一方、KDDIの配当金は17期連続増配となっており、配当利回りは徐々に上昇しています。

その結果、KDDIの株価指標は以下のようになっています(2019年11月)。

  • 予想PER:11倍
  • 実績PBR:1.7倍
  • 予想配当利回り:3.7%
  • 実績配当性向:40.5%

KDDIは高配当利回りでありながら、株価は比較的割安な水準となっています。

今後のKDDIの業績は通信料引き下げの影響がどこまで表れるか次第です。しかし、携帯電話事業の寡占性を考えると大幅な業績悪化は考えにくいため、今後も安定した高配当が見込めるのではないかと考えています。

また、KDDIは株主優待でカタログギフトをもらえることでも人気です。KDDIは配当・株主優待目的で長期保有するのに適した、高配当・連続増配株と考えています。

詳しい銘柄分析について、知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
高配当利回りと株主優待で人気のKDDIの株価はどうなる?業績や割安度など検討してみました

8位.【8425】みずほリース

連続増配株ランキング8位は【8425】みずほリースです。

みずほリースは旧興銀系のリース会社で、堅実な財務管理で定評があります。みずほリースは17年連続増配です。

みずほリースの株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

みずほリースの株価チャート

みずほリースの株価チャート

みずほリースの株価は2015~2016年に大きく下落しましたが、その後は持ち直しています。一方、みずほリースの株価指標をみると、以下のようにやや割安感があります(2019年11月)。

  • 予想PER:8.8倍
  • 実績PBR:0.85倍
  • 予想配当利回り:2.6%
  • 実績配当性向:20.1%

配当利回りが比較的高めなうえ、配当性向は低いので、まだ増配余地があります。みずほリースは長期投資に適した銘柄です。

8位.【9989】サンドラッグ

連続増配株ランキング8位は【9989】サンドラッグです。

サンドラッグは東京西部を地盤とするドラッグストア大手で、全国に店舗があります。ローコスト経営で知られていて、長年業績成長が続いています。

サンドラッグの株価の推移は以下のようになっています(引用:YAHOO!ファイナンス)。

サンドラッグの株価チャート

サンドラッグの株価チャート

サンドラッグの株価は2018年以降に大きく下落していましたが、業績の回復とともに持ち直してきています。サンドラッグの各種投資指標は以下のようになっており、17期連続増配です(2019年11月)。

  • 予想PER:17倍
  • 実績PBR:2.4倍
  • 予想配当利回り:1.9%
  • 実績配当性向:32.2%

配当利回りは平均をやや下回るくらいですが、配当性向が低く、増配の余地が大きいです。

今後の業績成長と配当成長を期待でき、長期投資に適した銘柄です。

まとめ

本記事では配当性向が低くて増配余地が大きい、連続増配株ランキングのベスト10について紹介しました。

最後にもう一度、ランキングを載せます。

連続増配株は業績が良い銘柄が多いです。配当金の原資である利益が成長している銘柄は減配や無配になりにくいので、安心して長期投資できますね。

連続増配株の配当利回りはそれほど高くない場合が多いです。しかし、業績成長に伴って配当利回り向上だけでなく、キャピタルゲイン(値上がり益)が得られることもありますので、気長に長期投資することをおすすめします

本記事が連続増配株選びの参考になれば幸いです。

※本記事は、自分の銘柄調査の一環として行ったものです。私なりの投資判断が含まれていますが、投資を推奨するものではありません。投資をする際は、最新の情報を調べたうえで、自己責任で投資判断をお願いします。

上記の連続増配株の買い方

最後に、本ランキングで紹介した銘柄について、少額から、安い手数料で買う方法について解説します。手数料は運用成績を確実に悪化させる要因ですので、できるだけ手数料が安い証券会社を利用しましょう。

ここでは、特におすすめな証券会社として、以下の4つを紹介します。

格安な手数料で、1株から少額投資したいならSBIネオモバイル証券

日本株の通常の取引単位は100株(1単元)です。たとえば、本ランキングで紹介したKDDIの株価は2887.5円(2019/9/13終値)ですので、通常は約29万円くらいの資金が無いと購入できません。大金を一度に投資すると、失敗したときのダメージが大きくなりますし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないという問題があります。

少額でリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券を使うとよいです。SBIネオモバイル証券の単元未満株制度を使えば、格安な月額手数料で、1株から何度でも売買できるので便利です。
単元未満株のメリット・デメリットについてはこちら

SBIネオモバイル証券は2019年4月に営業開始した新興ネット証券ですが、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社なので、信頼感もあります

株式の取引手数料を無料にしたいならストリーム(STREAM)

株アプリ「ストリーム(STREAM)」は2018年にスタートした、新しいネット証券です。SBI証券や楽天証券のような知名度はありませんが、株式の取引手数料がゼロ円という他にはない特長を持っています。
※正確にいうと、従来型の委託手数料がゼロ円です。通常の取引所取引より安く買えた場合のみ、差額の半分を手数料として支払いますが、通常の取引より安く買えることに違いはありません。

ストリーム(STREAM)は新興ネット証券ですが、KDDIや大和証券などの大企業も出資している会社が運営していますので、ある程度の信頼感はあると考えています。


スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

大手証券で取引手数料を無料にしたいならGMOクリック証券

大手ネット証券を使って、株の取引手数料を無料にする方法も実はあります。

東証1部上場のGMOフィナンシャルホールディングスが運営するGMOクリック証券 の場合、同グループの株主優待を使うと手数料の全額キャッシュバックを受けることができます(株式数に応じた上限まで)。

たとえば、GMOフィナンシャルホールディングスの株を100株買った時のキャッシュバックは年間6000円です。これは約定金額10~20万円の取引で約57回分(1月あたり約5回分)が実質無料になるということを意味しています。取引回数がある程度多い人でない限り、手数料を無料にできると考えてよいです。

株価下落のリスクがあるのがデメリットですが、長い目でみれば、お得な制度だと思います。


最大手のネット証券でオールマイティーに便利なのはSBI証券

株取引をするなら、信用ある大手がいいという場合は、SBI証券がおすすめです。SBI証券はネット証券で口座数最多であり、最初に開いた口座がSBI証券という方は多いです。

SBI証券の手数料は無料ではないですが、他証券と比較しても安い水準です。また、SBI証券は夜間取引やIPO(新規公開株)など、取り扱う商品・サービスが豊富なので、オールマイティーに使いやすいのがメリットです。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

アンケート:株価分析を希望する銘柄があれば、教えてください

もし、株価分析を希望する銘柄があれば、下記のアンケートで投票いただけるとうれしいです。

分析記事の対象銘柄選びの参考にさせていただきます(過去の株価分析記事はこちら)。

投票の仕方:

  • 以下の銘柄の中で、株価分析を希望する銘柄に投票してください。選択肢にない銘柄をご希望であれば、自分で追加することも可能です。
  • 書き込む場合は銘柄コードではなく、日本株の銘柄名でご入力ください。
  • 将来的には米国株にも広げたいとは思いますが、当面は日本株限定でお願いします。
株価分析を希望する銘柄はありますか?
  • 新しく回答を追加する
備考:
  • 書き込む場合は、日本株の銘柄名のみを入力してください。もし、それ以外の不適切な内容が書き込まれた場合は削除することもありますので、ご了承願います。
  • 銘柄数が多くなりすぎた場合は、サイト管理者が整理することがありますので、あらかじめご了承ください
  • できるだけご希望に沿えるように記事を作成していきたいと思いますが、余暇を使って記事を作成している関係上、すべてのご希望にお応えできるとは限りません。あらかじめご了承いただけますよう、よろしくお願いします。
「割安株の判断基準があればいいのに」と思ったことがある方へ

実は、企業価値評価手法を使うことで、妥当な株価(=理論株価)は計算できます。

理論株価というと難しそうに感じますが、無料で使えるツールもありますので、実はそんなに難しくありません(もちろん活用する上で注意すべき点はあります)。

銘柄選びでいつも迷ってしまうという方には理論株価を使った割安株投資がおすすめです。

高配当株
ロイナビ

長期投資ブログ「ロイナビ」の管理人。主に割安株やインデックスファンドに投資しています(成長株にも興味があります)。

株や投資信託の選び方のノウハウやお得情報などを発信しています。

「ロイナビ」をフォローする
この記事をシェアする
「ロイナビ」をフォローする
ロイナビ(長期投資ナビ)
タイトルとURLをコピーしました