LINE証券の始め方。口座開設の申し込み方法と、使ってみた感想

この記事ではこんな疑問にお答えします。

  • 「ライン証券を始めるには、どうやって申し込めばいい?」
  • 「LINE証券を使ってみた感想を知りたい」
LINE証券は2019年8月に営業開始した、新しいネット証券です。LINEアプリの知名度の高さもあって、結構話題になりましたね。

ツイッターでもLINE証券の取扱銘柄数やスプレッド(実質的な手数料)について口コミが出ていましたが、実際使ってみるとどうなのでしょうか?

私は今までに10近くの証券口座を作ってきましたが、LINE証券が実際どんなものか知りたく、試しに口座を作ってみました。

本記事ではLINE証券を始めるための口座開設方法と、使ってみた感想について紹介します。

LINE証券の特徴まとめ

最初に、LINE証券の特徴についてまとめておきます。

  • 取扱商品は日本株300銘柄と、国内ETF9銘柄
  • 1株から売買可能(単元未満株、ミニ株取引が可能)
  • 取引手数料はないが、スプレッドがかかる(金額は固定されていない)
  • 夜間も取引可能(21:00まで)
  • LINEを使って外出先でも手軽に取引可能
  • Android、iOSともに使える

詳しくは下記の記事を参照
【評判・口コミ】LINE証券は初心者におすすめ?メリット・デメリットを他証券と比較

結論からいうと、LINE証券は手軽さをウリにしているため、投資をするのは初めてという方におすすめです。次章以降で詳しく書きますが、スマホアプリの開発力を生かした操作性の良さ、手軽さが魅力的です。

以下では、株式投資は初めてという方に向けて、LINE証券の始め方を解説します。

逆に、LINE証券は銘柄の制限や手数料が不明確などのデメリットがあるため、ある程度の経験者には向いていないように思います。

株式投資のことはある程度分かっていて、自由に銘柄を選びたいという方は、同じく単元未満株(ミニ株)で1株から購入できるSBIネオモバイル証券がおすすめです。

LINE証券の始め方

LINE証券で株式投資を始めるには、次の3ステップが必要です。

  • LINE証券の口座開設を申し込む
  • LINE証券の口座に入金する
  • 株購入の注文をする

それぞれについて、以下で詳しく解説します。

ステップ1.LINE証券の口座開設の申し込みのやり方

LINE証券のサービスは、LINEアプリの機能のひとつとなっています。

もしLINEアプリをまだ使っていない場合は、最初にLINEアプリをインストールしないといけません。LINEアプリのインストールについてはたくさんの解説サイトがありますが、たとえば下記を参考にするとわかりやすいです。
LINEの始め方!登録時の注意点や友達に知られたくない時の初期設定は?

LINE証券の口座開設の流れ

LINEアプリをインストールできたら、LINE証券の口座開設を申し込みます(最短約3分です)。

まず、LINEアプリ下部にある「ウォレット」タブを開き、「証券」をタップします。

「証券」をタップ

「証券」をタップ

いくつかの簡単な質問に答えます。「確定申告方法を選択してください」と出てきたら、「LINE証券に任せる(つまり、特定口座の源泉徴収ありを選ぶ)」を選ぶと良いです(源泉徴収なしは確定申告が必要なので、あまりおすすめしません)。

確定申告方法を選択する

確定申告方法を選択する

次に、本人情報を登録します。以前にLINE Pay登録時に本人確認を行っている場合、すでに登録してある情報が自動入力されますので、便利です。

本人情報の入力

本人情報の入力

次に、本人確認書類を登録します。「マイナンバー通知カード + 運転免許証」または「マイナンバーカード」を用意し、スマホのカメラで撮影すると、Webアップロードが完了します。

本人確認書類のWebアップロード

本人確認書類のWebアップロード

以上でおしまいです。途中で多少手間取っても、5~10分くらいでできる内容です。

口座開設の申し込み完了

口座開設の申し込み完了

手続き完了後、4営業日ほどで簡易書留はがきが届きます。

はがきに記載されているQRコード、もしくはLINE証券の公式アカウントから届くメッセージのいずれかからLINE証券のトップ画面にアクセスし、取引開始手続きを行います。職業や年収などの必要な情報を入力し、暗証番号を設定完了すると、取引ができるようになります。

LINE証券の口座開設完了

LINE証券の口座開設完了

ステップ2.LINE証券の口座に入金する

LINE証券の入金方法は以下の2つがあります。

  • LINE Payから入金
  • 銀行口座から振込入金

すでにLINE Payを使っている場合、LINE Payからの入金が簡単です。私はLINE Payをすでに使っているので、LINE Payからの入金をしました。

一方、銀行口座から入金する場合、振込手数料は自分で負担しないといけないので少しもったいないです。

LINE Payからの入金方法

LINE Payからの入金方法は以下のようになっています(引用:LINE証券の公式noteより)。

LINE Payからの入金方法

LINE Payからの入金方法

LINE Payのアカウントに行き、暗証番号を入力すると、即時入金されます。

LINE Payからの入金完了

LINE Payからの入金完了

銀行口座から振込入金する方法

銀行口座から振込入金する方法は以下のようになっています(引用:LINE証券の公式noteより)。

銀行口座からの振込入金方法

銀行口座からの振込入金方法

振込先の口座を表示し、そこに自分で振込入金します。

出金するときもLINE Payに出金するなら手数料無料です。銀行口座に振り込む場合は出金手数料200円(税抜)がかかりますので、注意してください。

ステップ3.株購入の注文をする

LINE証券で株を購入するには、以下のように操作します。

LINEアプリの下部にある「ウォレット」タブから「証券」を起動したのち、下部にある「検索」タブを押します。

LINE証券での株の買い方1

LINE証券での株の買い方1

上部の「銘柄名/銘柄コード」で検索する、または「3000円以下で買える」などのグループの中から銘柄を選びます。

LINE証券での株の買い方2

LINE証券での株の買い方2

以下のようなグループが事前に用意されています

  • 3000円以下で買える
  • 値上がり率
  • お気に入り数が多い
  • 小売・外食
  • 機器メーカー
  • 食品
  • ITサービス・その他
  • 医薬品・素材・化学
  • 金融

ある程度慣れている人は検索するほうが速いです。一方、初めての投資の方は上記のグループから気になる企業を選ぶとよいです。

銘柄を決めたら、以下の3ステップで購入できます(引用:LINE証券の公式noteより)。

LINE証券の株の購入方法

LINE証券の株の購入方法

LINE証券を使ってみた感想

私がLINE証券を実際に使ってみた感想として以下の3つがあります。

  • 口座開設や入金手続きなどの操作性は快適
  • 銘柄が有名企業に絞られすぎていて、ある程度以上の経験者には向かない
  • 株購入のスプレッドがやや高いので、売買頻度が高い人には向かない

それぞれ簡単に解説します。

口座開設や入金手続きなどの操作性は快適

LINE証券の口座開設や入金手続きなどの操作性は快適です。LINEはユーザー数が最大のアプリなだけあって、ユーザーの使いやすさを重視した設計になっていると思います。

他証券会社でもスマホアプリはありますが、操作の快適さではLINE証券は優れていると感じます。外出先で手軽に取引したいというときにはLINE証券は便利です。

銘柄が有名企業に絞られすぎていて、ある程度以上の経験者には向かない

一方、LINE証券の最大の弱点と感じるのは、銘柄数が少なすぎる(有名企業を中心に300銘柄)ことです。

サービス開始当初の100銘柄と比べると、3倍に増えて、だいぶ良くなってきました。しかし、それでも全上場企業約3700社から比べると、ほんの一部あり、銘柄選びの自由度は高くありません。

LINE証券では単元未満株(ミニ株)を取り扱うために、ある程度銘柄数を絞らないといけなかったという事情はありそうです。また、取扱銘柄数を減らすことで初心者が選びやすくするという狙いもあるようです。

しかし、日本株の場合、有名な大企業よりも、むしろ中小型企業にこそ投資チャンスがある場合が多いです。ある程度投資に慣れた経験者にとっては、銘柄数が少ないというのはデメリットでしかありません。

株購入のスプレッドがやや高いので、売買頻度が高い人には向かない

また、LINE証券の株取引のスプレッド(実質的な手数料のこと)はやや高めなこともデメリットです。

たとえば、LINE証券のスプレッド込みの価格と、他社の取引価格(手数料は入っていない)を比べてみると、以下のようになっていました。

LINE証券のスプレッド

LINE証券のスプレッド

スマホに表示されているのがLINE証券でみたKDDIの株価(購入時)、背景のPC画面に表示されているのがGMOクリック証券でみたKDDIの株価です。

両者を比較すると、LINE証券のスプレッドは0.5%くらいになっていることがわかります。

他社の取引手数料は、取引金額によって変わりますが、だいたい0.1%前後です。LINE証券のスプレッドはやや高いので、売買頻度が高い人には向いていないと考えています。

投資経験者はSBIネオモバイル証券を使うとよい

LINE証券がウリとしている、単元未満株(1株単位で投資できること)は競合のSBIネオモバイル証券でも取引できます。SBIネオモバイル証券は中小企業を含む、ほぼすべての上場企業を取引できるうえ、手数料も格安です。

長く取引するならSBIネオモバイル証券のほうがLINE証券より使いやすいと思います。

初めて投資する方が最初のステップとしてLINE証券を使うのは良いと思いますが、ある程度株式投資に慣れたら、早めにSBIネオモバイル証券に移行することをおすすめします。

まとめ

本記事ではLINE証券を始めるための口座開設方法と、使ってみた感想について紹介しました。

LINE証券は口座開設の簡単さや操作性の良さから、投資初心者におすすめです。外出先でも手軽に株取引できるので、株式投資がより身近に感じられます。

一方、スプレッド(実質的な手数料)がやや高いことや、取扱銘柄数が300銘柄に限られている点はデメリットです。LINE証券で株式投資にある程度慣れて、本格的に株式投資をしたくなったら、SBIネオモバイル証券に移行することをおすすめします。

おすすめ証券会社
ロイナビ

長期投資ブログ「ロイナビ」の管理人。主に割安株やインデックスファンドに投資しています(成長株にも興味があります)。

株や投資信託の選び方のノウハウやお得情報などを発信しています。

「ロイナビ」をフォローする
この記事をシェアする
「ロイナビ」をフォローする
ロイナビ(長期投資ナビ)
タイトルとURLをコピーしました