おすすめ証券会社

LINE証券の始め方。口座開設の申込と入金方法、株の買い方、使ってみた感想

LINE証券は2019年8月に営業開始した、新しいネット証券です。LINEアプリの知名度の高さもあって、ツイッターなどのSNSでも結構話題になりましたね。

私は今までに10近くの証券口座を作ってきましたが、LINE証券が実際どんなものか知りたく、試しに口座を作ってみました。

投資 まなぶ
投資 まなぶ

LINE証券って、使ってみると実際どうなんですか?申し込み方法は面倒ではないですか?

路井 なびお
路井 なびお

LINEはアプリ開発の超大手だけあって、見やすさ・使いやすさは抜群です。申し込みもLINEアプリを使って簡単にできますので、手軽に投資を始められます。

本記事ではLINE証券を始めるための口座開設方法と、使ってみた感想について紹介します。

LINE証券では、以下のキャンペーンを実施中です。
  • 口座開設&簡単なクイズに正解するだけで、最高3株分の購入代金をもらえる(初株チャンスキャンペーン)
  • 最大7%OFFで株を買える、「いきなりタイムセール」開催中。株を安く買うチャンスです(私は前回のタイムセールで、1万円以上利益が出ました)。
    ※ゲリラ開催なので、実施日は直前に告知されます。いつでも参加できるように準備しておくとよいです

キャンペーンを活用して、お得に投資を始めましょう。

LINE証券

info飛ばし読みするにはこちら(下に目次もあります)

LINE証券の特徴まとめ

最初に、LINE証券の主なメリット・デメリットをまとめると、下表のようになります(LINE証券のメリット・デメリットについて、詳しくはこちら)。

メリットデメリット
・日本株を1株から売買可能(単元未満株
日中取引のスプレッド(手数料)が安い
夜間取引が可能(17:00~21:00)
・操作が簡単で、手軽に使える
日本株(単元未満株)、投資信託の取扱銘柄数が限定的
・外国株の取扱はなし

結論からいうと、LINE証券は手軽さをウリにしているため、投資をするのは初めてという方におすすめです。スマホアプリの開発力を生かした操作性の良さ、手軽さが魅力的です。

以下では、株式投資は初めてという方に向けて、LINE証券の始め方を解説します。

LINE証券の始め方

LINE証券で株式投資を始めるには、次の3ステップが必要です。

  • LINE証券の口座開設を申し込む
  • LINE証券の口座に入金する
  • 株購入の注文をする

それぞれについて、以下で詳しく解説します。

LINE証券のサービスは、LINEアプリの機能のひとつです。すでにLINEアプリを使っている方は、口座開設を申し込めば使えるようになります。

もしLINEアプリをまだ使っていない場合は、最初にLINEアプリをインストールしましょう。

LINEアプリのインストールについてはたくさんの解説サイトがありますが、たとえば下記を参考にするとわかりやすいです(登録している情報が漏れるのが嫌な方は、初期設定に気を付けるとよいです)。
LINEの始め方!登録時の注意点や友達に知られたくない時の初期設定は?

ステップ1.LINE証券の口座開設の申し込みのやり方

LINEアプリをインストールできたら、LINE証券の口座開設を申し込みます(最短約3分です)。

まず、以下のボタンから、LINE証券の公式ページに行きます(PCの場合は、クリック後に出てくるQRコードをスマホで読み取ると公式ページに行けます)。

公式ページの中にある「口座開設申込はこちら」または「最短約3分!今すぐ口座開設」をクリックすると、申込画面になります。

LINE証券の申込ボタンをクリックする

いくつかの簡単な質問に答えます。「確定申告方法を選択してください」と出てきたら、「LINE証券に任せる(つまり、特定口座の源泉徴収ありを選ぶ)」を選ぶと良いです(源泉徴収なしは確定申告が必要なので、あまりおすすめしません)。

確定申告方法を選択する

確定申告方法を選択する

次に、本人情報を登録します。以前にLINE Pay登録時に本人確認を行っている場合、すでに登録してある情報が自動入力されますので、便利です。

本人情報の入力

本人情報の入力

次に、本人確認書類を登録します。「マイナンバー通知カード + 運転免許証」または「マイナンバーカード」を用意し、スマホのカメラで撮影すると、Webアップロードが完了します。

本人確認書類のWebアップロード

本人確認書類のWebアップロード

以上でおしまいです。途中で多少手間取っても、5~10分くらいでできる内容です。

口座開設の申し込み完了

口座開設の申し込み完了

手続き完了後、4営業日ほどで簡易書留はがきが届きます。

はがきに記載されているQRコード、もしくはLINE証券の公式アカウントから届くメッセージのいずれかからLINE証券のトップ画面にアクセスし、取引開始手続きを行います。職業や年収などの必要な情報を入力し、暗証番号を設定完了すると、取引ができるようになります。

LINE証券の口座開設完了

LINE証券の口座開設完了

ステップ2.LINE証券の口座に入金する

LINE証券の入金方法は以下の2つがあります。

  • LINE Payから入金
  • 銀行口座から振込入金

すでにLINE Payを使っている場合、LINE Payからの入金が簡単です。私はLINE Payをすでに使っているので、LINE Payからの入金をしました。

一方、銀行口座から入金する場合、振込手数料は自分で負担しないといけないので少しもったいないです。

出金するときもLINE Payアカウントへの出金なら手数料無料です。最近はLINE Payで支払いできるお店が増えているので、普段のお買い物で使えばよいです(LINEポイントももらえます)。

一方、銀行口座に出金することもできますが、出金手数料200円(税抜)がかかります。できるだけLINE Payアカウントを使うことをおすすめします。

LINE Payからの入金方法

LINE Payからの入金方法は以下のようになっています(引用:LINE証券の公式noteより)。

LINE Payからの入金方法

LINE Payからの入金方法

LINE Payのアカウントに行き、暗証番号を入力すると、即時入金されます。

LINE Payからの入金完了

LINE Payからの入金完了

銀行口座から振込入金する方法

銀行口座から振込入金する方法は以下のようになっています(引用:LINE証券の公式noteより)。

銀行口座からの振込入金方法

銀行口座からの振込入金方法

振込先の口座を表示し、そこに自分で振込入金します。

ステップ3.株購入の注文をする

LINE証券で株を購入するには、以下のように操作します。

LINEアプリの下部にある「ウォレット」タブから「証券」を起動したのち、下部にある「検索」タブを押します。

LINE証券での株の買い方1

LINE証券での株の買い方1

上部の「銘柄名/銘柄コード」で検索する、または「3000円以下で買える」などのグループの中から銘柄を選びます。

LINE証券での株の買い方2

LINE証券での株の買い方2

以下のようなグループが事前に用意されています

  • 3000円以下で買える
  • 値上がり率
  • お気に入り数が多い
  • 小売・外食
  • 機器メーカー
  • 食品
  • ITサービス・その他
  • 医薬品・素材・化学
  • 金融

ある程度慣れている人は検索するほうが速いです。一方、初めての投資の方は上記のグループから気になる企業を選ぶとよいです。

銘柄を決めたら、以下の3ステップで購入できます(引用:LINE証券の公式noteより)。

LINE証券の株の購入方法

LINE証券の株の購入方法

LINE証券を使ってみた感想

私がLINE証券を実際に使ってみた感想として以下の3つがあります。

  • 口座開設や入金手続きなどの操作性は快適
  • 日中取引のスプレッド(手数料)が安い
  • 単元未満株の取扱銘柄が有名企業に絞られているので、投資初心者向け

それぞれ簡単に解説します。

メリット1.口座開設や入金手続きなどの操作性は快適

LINE証券の口座開設や入金手続きなどの操作性は快適です。LINEはユーザー数が最大のアプリなだけあって、ユーザーの使いやすさを重視した設計になっていると思います。

他証券会社でもスマホアプリはありますが、操作の快適さではLINE証券は優れていると感じます。外出先で手軽に取引したいというときにはLINE証券は便利です。

メリット2.日中取引のスプレッド(手数料)が安い

LINE証券では売買手数料の代わりにスプレッドがかかります。

スプレッドがかかるというのは、たとえば、取引所の価格が10,000円のときに、10,005円の購入価格が提示されるということです(この場合、差額5円がスプレッド)。

以前、LINE証券のスプレッドは固定されていなくて取引しづらかったのですが、2019年12月から以下のように固定されました。

LINE証券のスプレッド

LINE証券のスプレッド

LINE証券における日中取引のコストは0.05%です。SBI証券やマネックス証券における単元未満株の手数料が0.5%(税抜)であるのに比べて、かなり安いです。

一方で、夜間取引のスプレッドは0.5%になってやや高めです。LINE証券ではできるだけ日中に取引するとよいです(LINE証券と他証券の手数料(スプレッド)比較についてはこちら)。

デメリット.単元未満株の取扱銘柄が有名企業に絞られているので、投資初心者向け(中小型株投資には使いにくい)

1株から売買できて便利なLINE証券ですが、最大の弱点と感じるのは単元未満株の取扱銘柄数が少ない(大企業・有名企業を中心に国内株式:300銘柄、国内ETF:15銘柄)ことです。

単元未満株の取扱銘柄数はサービス開始当初の100銘柄と比べて3倍に増えましたので、だいぶ良くなってきました。しかし、それでも全上場企業約3700社から比べると、ほんの一部であり、銘柄選びの自由度は高くありません。

実際、私は主に中小型株で運用していますが、その多くはLINE証券で取り扱っていません。ユーザー数が増えれば単元未満株の取扱銘柄も拡充されると思いますので、今後の改善を期待したいです。

ただし、単元株=100株単位であれば、ほとんどの銘柄を売買できます。資金に余裕があれば問題ありません。
路井 なびお
路井 なびお

逆に、初心者の場合は中小型株よりも、大企業を中心に投資することをおすすめします。

大企業のほうが事業内容が身近なことが多いですし、比較的値動きが安定していて投資初心者に向いているからです。

LINE証券は大企業を中心に銘柄数が絞られているため、はじめて投資する方にとっては、むしろ銘柄を選びやすくて良いと思います。

単元未満株の取扱銘柄や手数料などの比較については、こちらの記事をどうぞ。
単元未満株で投資可能な証券会社の比較。おすすめ証券会社ランキングを紹介

まとめ

本記事ではLINE証券を始めるための口座開設方法と、使ってみた感想について紹介しました。

LINE証券は口座開設の簡単さや操作性の良さから、投資初心者におすすめです。外出先でも手軽に株取引できるので、株式投資がより身近に感じられます。

一方、LINE証券のデメリットは単元未満株の取扱銘柄数が少ない(国内株式:300銘柄、国内ETF:15銘柄)点ですが、有名な大企業はほとんど取り扱っています。大企業の株価は値動きが比較的緩やかで、事業内容を理解しやすいので、投資初心者に向いています。

初めて投資をするなら、まずはLINE証券で始めてみるとよいです。

LINE証券

路井なびお

自称「優良銘柄選びのソムリエ」。長期投資ブログ「ロイナビ(Long term investment Navi)」の管理人。

長期・積立・分散投資を基本として、インデックス投資と個別株(日米株)投資を実践しています。

優良なバリュー株や低コストなインデックス投信について調査・分析するほか、私が用いている分析方法や便利なツールなどについても紹介しています。

ツイッターもやっていますので、よければフォローお願いします。

Follow @loi_navio

「ロイナビ」をフォローする
「ロイナビ」をフォローする
ロイナビ(長期投資ナビ)
タイトルとURLをコピーしました