おすすめ証券会社

【初心者におすすめ】少額投資可能なスマホ投資アプリ5選。口コミまとめとメリット・デメリットの比較

投資といえば、一部の富裕層や情報通の人たちが行うものというイメージがあります。投資を始めるのはハードルが高いと感じる方もいるかもしれません。

投資 まなぶ
投資 まなぶ

スマホで少額から資産運用できるアプリはないですか?

路井 なびお
路井 なびお

最近は数百円から少額でスタートできるスマホ証券もあります。スマホアプリを使って簡単に操作できますので便利です。

少額投資では大きな利益は得にくいですが、失敗しても大きな損にはなりません。投資に興味があるなら、まずは練習のつもりで少額投資から始めてみるとよいです。

本記事では少額から始められる、スマホ投資アプリランキングとそれぞれの特徴について紹介します。

先に結論からいうと、本記事で挙げるスマホ証券はそれぞれメリット・デメリットがあります。自分の用途やかけられる時間、投資経験などで選ぶとよいです。

路井 なびお
路井 なびお

個人的には、日本株を1株から売買できる【SBIネオモバイル証券】がお気に入りです。手数料が格安で取扱銘柄も豊富なので、初心者から熟練者まで幅広く適しています

私も【SBIネオモバイル証券】の定期買付機能を使って、複数銘柄を毎月1~3株くらいずつ積立投資しています。

ランキングスマホ投資アプリ投資対象最低投資額銘柄選びの自由度手数料
1【SBIネオモバイル証券】日本株(1株~)数百円~高い格安
2LINE証券日本株(1株~)数百円~低い日中取引は安い
3ロボアドバイザー
ウェルスナビTHEO(テオ)
米国ETF10万円~※1すべてお任せ預かり資産の1%(現金部分を除く、年率、税別)
(ただし、割引制度あり)
4ストリーム(STREAM)日本株(100株~)数万円~高い無料
5ワンタップバイ日本株、米国株1000円~低い0.5~1.0%
補足大手証券のスマホアプリ日本株など数万円~高い比較的安い
info飛ばし読みするにはこちら(下に目次もあります)

少額投資可能なスマホ投資アプリのランキング(&特徴、比較)

最初に、スマホ投資アプリのおすすめランキングと、それぞれの特徴を一覧表で比較すると、以下のようになります。

ランキングスマホ投資アプリ投資対象最低投資額銘柄選びの自由度手数料
1【SBIネオモバイル証券】日本株(1株~)数百円~高い格安
2LINE証券日本株(1株~)数百円~低い日中取引は安い
3ロボアドバイザー
ウェルスナビTHEO(テオ)
米国ETF10万円~※1すべてお任せ預かり資産の1%(現金部分を除く、年率、税別)
(ただし、割引制度あり)
4ストリーム(STREAM)日本株(100株~)数万円~高い無料
5ワンタップバイ日本株、米国株1000円~低い0.5~1.0%
補足大手証券のスマホアプリ日本株など数万円~高い比較的安い

※1.WealthNavi for ネオモバ(SBIネオモバイル証券を経由してウェルスナビを利用すること)を使えば、1万円から可能です。

少額から投資できる、またはすべてお任せで運用できる投資アプリほど投資初心者に向いています

一方、手数料が安い、または銘柄選びの自由度が高い投資アプリは投資経験者向きです。

【SBIネオモバイル証券】は両方の特徴を持っており、初心者から熟練者まで幅広く適しているので、おすすめランキング1位にしました。

以下では、それぞれの特徴について簡単に解説します。

1位.初心者~熟練者におすすめなのは、SBIネオモバイル証券

初心者から熟練者まで幅広くおすすめなスマホ証券は【SBIネオモバイル証券】です。

SBIネオモバイル証券は格安な手数料で、多くの日本株を1株から売買できるという大きなメリットがあります。具体的には以下のようになっていて、長く使うなら【SBIネオモバイル証券】が良いです。

  • 取扱銘柄:東証1部・2部・マザーズ・JASDAQ上場銘柄(ほとんどの日本株をカバーしています)
  • 手数料:月間合計取引額が50万円までなら、何回取引しても手数料が実質20円/月
路井 なびお
路井 なびお

投資経験が長い方はわかると思いますが、隠れた優良・割安株は知名度がない中小型銘柄に多いです。そんな中小型銘柄にも格安な手数料で1株から投資できる点が気に入っているので、私はSBIネオモバイル証券を使っています(SBIネオモバイル証券の評判・口コミについてはこちら

【SBIネオモバイル証券】投資初心者だけでなく、熟練者まで幅広くおすすめです。

SBIネオモバイル証券はアプリやWebブラウザの操作性があまりよくなくて、取っつきにくいところが少しデメリットです。

はじめての株式投資なら、おすすめランキング2位のLINE証券を使うのもよいと思います。

SBIネオモバイル証券を使えば、1株単位で定期積立投資ができます。

SBIネオモバイル証券の定期買付設定画面

SBIネオモバイル証券の定期買付設定画面

優良株を選んで積立設定しておけば、自動的に投資できるので、便利です。私の場合、タイミングをはかりすぎて買い逃すことが多いのですが、定期積立を使えば、自分の意思に関係なく投資できるので便利です。

公式ページはこちら⇒ 【SBIネオモバイル証券】

2位.初心者向けの株式投資アプリなら、LINE証券がおすすめ

株式投資は初めてだけど、自分で銘柄選びをしてみたいという場合は、LINE証券を使うとよいです。

LINE証券の特徴は、日本株を1株から売買できて少額投資可能なことと、操作性がよくて手軽に投資を始められることです。また、日中取引なら手数料が0.05%でかなり安いのもメリットです(夜間取引は0.5%でやや高め)。

路井 なびお
路井 なびお

LINE証券の単元未満株(=1株単位)の取扱銘柄は限定的ですが、有名な大企業の多くは投資可能です(単元株=100株単位なら、ほとんどの銘柄を売買できます)。

はじめての投資では株価の値動きが比較的緩やかで、身近な大企業のほうが適しています。最初はLINE証券で少額からリスク小さく始めてみるとよいです。

LINE証券

3位.投資初心者で、すべてお任せで運用したいなら、ロボアドバイザーがおすすめ(ウェルスナビ、テオなど)

初めての投資で、すべてお任せで資産運用したいなら、ロボアドバイザー・サービス(ウェルスナビTHEO(テオ)など)を使うとよいです。

ロボアドバイザーは最初にいくつかの質問に答えて投資方針を決定したのち、入金をするだけで、あとは自動的に運用してくれるというサービスです。

ウェルスナビTHEO(テオ)などのロボアドバイザーは手数料がかかるのがデメリットです。しかし、投資のことはよくわからないという方でも自動的に王道的な運用(長期・国際・分散投資)ができる点がロボアドバイザーのメリットです。

自分で運用するのはハードルが高いという方はロボアドバイザーを使って始めるとよいです。

路井 なびお
路井 なびお

ロボアドバイザー・サービスはもともと富裕層向けにラップ口座などの名称で提供されていたサービスを一般向けにしたものです。

お任せで運用できるという特徴はそのままで、少額からできて、手数料もラップ口座より安いというのがメリットです。

ロボアドバイザーには上記の「投資一任型」のほかに、「アドバイス型」もあります。「アドバイス型」は最終的な意思決定を自分でしないといけませんが、手数料が安い(無料なものもある)のが魅力です。

【評判・口コミ】手数料無料のロボアドバイザー、投信工房(松井証券)の実績をウェルスナビなどと比較

4位.大きな金額での取引に慣れてきたら、株アプリ「ストリーム(STREAM)」がおすすめ

株式投資に慣れて、ある程度大きな金額(単元株、つまり100株単位)で取引しても大丈夫になったら、手数料が無料の投資アプリストリーム(STREAM)を使うとよいです。

取引手数料は運用利回りを確実にマイナスにする要因ですので、できるだけ小さいほうがいいです。

他の証券会社でも少額取引(たとえば50万円までとか)なら無料のところはあります。しかし、取引金額によらず無料なのはストリーム(STREAM)が初めてです。

投資 まなぶ
投資 まなぶ

新興ネット証券にお金を預けるのは不安です。信用しても大丈夫な会社なのでしょうか?

路井 なびお
路井 なびお

ストリームを運営するFinatextグループにはKDDIや大和証券などの大企業も出資しています。新興ネット証券ですが、ある程度信頼してよいと思います。

また、日本では公的に投資家を保護する仕組みがあるため、新興ネット証券だからといって不安に感じる必要はありません。

手数料の安さにこだわりたいなら、ストリーム(STREAM)を使うとよいです。

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

5位.手軽に米国株投資したいなら、ワンタップバイがおすすめ

米国株で気軽に投資したい場合は、ワンタップバイがおすすめです。

ワンタップバイでは日本株と米国株に投資できます。LINE証券やSBIネオモバイル証券の取扱銘柄は日本株のみなので、米国株に気軽に投資できる点でワンタップバイは便利です。

ワンタップバイの取扱銘柄数と手数料は以下のようになっています。

 取扱銘柄数手数料
(取引時間内)
手数料
(取引時間外)
日本株130銘柄
ETF4銘柄
0.5%1.0%
米国株37銘柄
ETF3銘柄
0.5%0.7%

日本株、米国株ともに取扱銘柄数が少なく、手数料がやや割高というのがワンタップバイのデメリットです。しかし、有名な大企業はある程度そろっていますので、はじめての投資ならばワンタップバイを使うのもよいと思います。

まずはワンタップバイで米国株を始めた後、ある程度慣れてきたら、取扱銘柄数が豊富で手数料がやや安い大手ネット証券(マネックス証券SBI証券楽天証券 )に乗り換えるとよいです。

補足.大手ネット証券のスマホアプリは高機能だが、初心者にはやや使いにくい

一方、大手ネット証券でもスマホ投資可能なアプリを提供しています。5大ネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、auカブコム証券、松井証券)の投資アプリと取引対象資産を簡単にまとめると、下表のようになります。

 アプリ名称日本株米国株投資信託
SBI証券SBI証券 株アプリ
かんたん積立アプリ
×
楽天証券 iSPEED〇※1
マネックス証券マネックス証券アプリ
マネックストレーダー株式
トレードステーション米国株
松井証券株touch
投信アプリ
×
auカブコム証券kabu.com for iPhone/Android/au×

※1.Webブラウザ版に遷移します。

大手ネット証券は取扱商品・サービスが豊富なことがメリットですが、スマホアプリでは一部対応していないものもあります。

また、大手ネット証券のアプリはできることがたくさんあって高機能な反面、どう使えばいいかわかりにくいことが多いので、初心者にはハードルがやや高く感じるかもしれません。

最初はLINE証券【SBIネオモバイル証券】などの新興ネット証券を使って、ある程度慣れてきたところで、大手ネット証券を併用するとよいです。

まとめ

本記事では手軽に始められる、スマホ投資アプリ5選とその比較について紹介し、おすすめの使い分け方を解説しました。

操作性や使いやすさを重視するなら、大手ネット証券より新興ネット証券の投資アプリがよいです。

スマホ投資アプリの機能は限定的な場合が多いですが、適した使い方をすれば大手証券よりむしろお得なことも多いです。はじめての投資ならスマホ証券を使うとよいです。

中でも【SBIネオモバイル証券】単元未満株の取扱銘柄の多さや手数料の安さが秀逸です。初心者から熟練者まで幅広くおすすめなのは【SBIネオモバイル証券】です。

それぞれの特徴を生かしながら、上手に使い分けるとよいです。

路井なびお

自称「優良銘柄選びのソムリエ」。長期投資ブログ「ロイナビ(Long term investment Navi)」の管理人。

長期・積立・分散投資を基本として、インデックス投資と個別株(日米株)投資を実践しています。

優良なバリュー株や低コストなインデックス投信について調査・分析するほか、私が用いている分析方法や便利なツールなどについても紹介しています。

ツイッターもやっていますので、よければフォローお願いします。

Follow @loi_navio

「ロイナビ」をフォローする
「ロイナビ」をフォローする
ロイナビ(長期投資ナビ)
タイトルとURLをコピーしました