SBIバンガードS&P500インデックスファンドの評判は?ブログ評価と他ファンドとの比較、買い方について紹介

この記事ではこんな疑問にお答えします。

  • 「SBIバンガードS&P500インデックスファンドって評判はよい?デメリットはある?」
  • 「VOOや楽天VTIなどに投資するのと比べて、どれがおすすめ?」
ついにSBIバンガードファンドの運用が開始されました。超低コストで手軽にS&P500投資ができる点が魅力の投資信託です。純資産額も急増しており、人気ぶりがよくわかります。

一方、米国株投資ができるインデックスファンドは楽天VTIやeMAXIS Slim米国株式など、他にもいくつかあります。

米国株に投資するなら、SBI・バンガード・S&P500を選ぶべきでしょうか?また、他の投資信託から乗り換えるほうがよいでしょうか?

本記事では「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」のメリット・デメリット、および他の投信・ETFと比較してどうか?について、私の考えを紹介します。

スポンサーリンク

結論.新規に米国株投資するなら、超低コストなSBI・バンガード・S&P500はおすすめ。乗り換えまではしなくてよい

先に結論から言うと、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの超低コストさは段違いであり、これから米国株投資を始めるなら、最有力候補の一つにするとよいです。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの要点まとめ:

  • 超低コスト(年率0.0938%)
  • S&P500(米国の大企業500社で構成される株価指数)に連動する
  • 国内投信なので、手間をかけずに積立投資できる
  • SBI証券の投信マイレージサービスでTポイントがもらえる
  • つみたてNISAでも投資可能
  • 取扱はSBI証券のみ
一方で、SBI・バンガード・S&P500はつみたてNISAでも投資可能ですが、販売はSBI証券のみとなっています。楽天証券などでつみたてNISAをやっている人はSBI・バンガード・S&P500に投資できません。

また、いずれ他の投信も追随して信託報酬を値下げする可能性があります。すでに楽天VTIやeMAXIS Slimなどの低コストファンドで運用している場合は、売却してまで乗り換える必要はないと思います。

SBIバンガードに移行したいという場合も、すでに投資している他ファンドは継続保有し、新規の投資分だけSBIバンガードにすることをおすすめします。

SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドのメリット

最初に、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドの主なメリットをまとめると、以下の3つです。

  • ほとんど手間をかけずに米国株全体に投資できる
  • 超低コスト(買付手数料無料、信託報酬が安い)である
  • SBI証券の投信マイレージサービスの対象(残高に対してポイントがもらえる)

それぞれについて、以下で詳しく解説します。

メリット1.手間をかけずに米国株全体に投資できる

SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)の仕組みは下図のようになっています。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの仕組み

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの仕組み(引用:交付目論見書)

私たちが投資した資金は本ファンドを通じて、「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」に投資されます。VOOはS&P500採用銘柄(米国の大企業500社)に分散投資するETF(上場投資信託)です。

つまり、私たちはSBI・バンガード・S&P500を買うだけで、間接的に米国大企業500社に投資していることと同じになります。

米国の大企業500社に分散投資するので、株式投資のリスクを抑制できる

株式投資では値下がりのリスクがつきものです。米国の大企業といえども、業績が悪ければ短期間で20%下がることや、1年で半値以下になるケースも珍しくはありません。

一方、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)では500社に分散投資するため、各社の値動きが相殺されて、比較的値動きが緩やかになります。個別株よりもリスク小さく投資できるのが魅力です。

VOOの設定来の価格チャート

VOOが設定されてからの価格チャートは以下のようになっています。

VOOの価格チャート

VOOの価格チャート(引用:SBI証券のホームページ)

2010年の運用開始以来、9年間で約2.7倍になっています。さらにVOOは配当金もありますので、トータルリターンはもう少し大きくなります(配当利回りはそれほど大きくないので、値上がり益が中心です)。

米国株の強さの理由

特に2010年代は他の先進国や新興国に比べて米国株の強さが目立っています。なぜこれほど米国株が強いかというと、主に以下の3つの理由があるといわれます。

  • 米国は世界最先端の技術を持ち、継続的にイノベーションが生まれている
  • 米国は長期的に人口増加が続くと予想されている、数少ない先進国である
  • 米国は経済政策や金融政策に積極的なため、経済危機に陥っても株価がいち早く回復する

米国のこれらの強みは今後しばらく続きそうです。米国の主要企業全体に投資する、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)も長期的な成長を期待できそうです。

メリット2.SBI・バンガード・S&P500は超低コスト(買付手数料無料、信託報酬が安い)

SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)の手数料は以下のようになっています。

  • 買付手数料:無料
  • 信託報酬(毎年かかる費用):年率0.0938%
  • 信託財産留保額(解約時にかかる費用):無料

後述の米国株、米国ETFとの比較他ファンドとの比較でも述べるように、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)は超低コストな投信です。

特に、毎年かかる費用である信託報酬は0.1%未満です。私は10年以上前にインデックス投資を始めましたが、そのころは外国株投信の信託報酬は0.7~0.8%くらいありました。SBI・バンガード・S&P500の信託報酬は、10年以上前と比べると異次元の安さです。

ここまで安くなると、もし今後他社がさらに安くしたとしても0.01%刻みの差になり、ほとんど差はなくなります。少しの違いならば乗り換える必要はありませんので、安心して長期保有できます。

メリット3.SBI・バンガード・S&P500はSBI証券の投信マイレージサービスの対象(残高に対してポイントがもらえる)

さらに、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)はSBI証券の投信マイレージサービスの対象になっており、残高に対して、年率0.02%分のTポイントをもらえます。

SBI・バンガード・S&P500で付与されるポイント

SBI・バンガード・S&P500で付与されるポイント(引用:SBI証券のホームページ)

したがって、ポイントを考慮した、実質的な信託報酬はわずか年率0.0738%となります。わずかなコストで手軽に米国株投資できるのはありがたいですね。

SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドのデメリット

一方、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)のデメリットは以下の2点です。

デメリット:

  • 毎年信託報酬がかかり、本家のVOOより高い
  • 販売はSBI証券のみ

それぞれについて、以下で詳しく解説します。

デメリット1.毎年信託報酬がかかり、本家のVOOより高い

1つ目のデメリットは、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)は毎年信託報酬がかかり、その大きさは本家のVOOよりやや高いことです。

本ファンド、個別株投資、VOOでの投資でかかるコストを比較すると、下表のようになります。

 SBI・バンガード・S&PVOO米国個別株
信託報酬(経費率)年率0.0938%年率0.03%なし

SBI・バンガード・S&P500はVOOをひたすら買い付けるファンドであり、VOOは米国個別株に分散投資するファンド(ETF)です。運用会社を経由するほど運用経費が乗っかってきますので、コストはSBI・バンガード・S&P500が一番高くなります。

信託報酬は毎年継続的にかかる費用ですので、運用期間が長くなるほど不利になります。米国個別株やVOOを直接買う場合と比べると、コストが少し高いことがSBI・バンガード・S&P500のデメリットです。

ただし、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)は買付手数料が無料なのに対し、VOOや米国個別株は0.45%(税抜、SBI証券の場合)かかります。

したがって、個別株で買付手数料の元を取るには約5年、本家VOOで元を取るには約8年かかります(売却手数料も考慮するなら2倍の期間がかかります)。

さらに、前述の投信マイレージサービスで付与されるポイントも考慮すれば、元を取るまでの期間はさらに長くなります。

また、本ファンドとVOO、個別株では、為替費用や配当再投資のしやすさなどの違いもあります(詳しくは、VOO、米国個別株との比較をどうぞ)。

信託報酬以外の費用や手間を考えれば、SBI・バンガード・S&P500に支払うコストはそれほど高いものではありません。手軽に米国株投資をしたいなら、SBI・バンガード・S&P500は便利です

デメリット2.SBI・バンガード・S&P500の販売はSBI証券のみに限られている

2つ目のデメリットは、本ファンドの販売はSBI証券のみに限られていることです。

たとえば、私の場合、楽天証券でつみたてNISAをやっています。もし、つみたてNISAでSBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)に投資したいと思っても、楽天証券では投資できません

できればSBI証券以外でも販売してほしいですが、自社内での販売に限定することでコストを下げているように思いますので、SBI証券以外での販売は難しいかもしれません。

SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンド(SBI・VOO)で投資するなら、SBI証券の口座を持つ必要があります。

SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドの注意点

デメリットというわけではないですが、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドに投資する際に気を付けたい点が2つあります。

  • 乖離率(トラッキングエラー)や、実質コストはある程度運用実績が出てからでないとわからない
  • 米国株への集中投資である

それぞれについて、以下で詳しく解説します。

SBI・バンガード・S&P500の実質コストや乖離率(トラッキングエラー)がわからない

インデックスファンドを選ぶときは、実質コストや乖離率もチェックしておくとよいです。

  • 実質コスト:信託報酬と、信託報酬以外にかかっている費用の合計(1年ごとの運用報告書で報告される)
  • 乖離率(トラッキングエラー):インデックスファンドの値動きが、指標とするベンチマークにどれだけ追随できているか?(運用報告書で報告される)

これらは運用実績が出て初めて分かるものなので、運用開始したばかりのSBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドのデータはまだわかりません。

SBI・バンガード・S&P500はVOOのみを買い付けるだけというシンプルな設計なので、それほど悪い数値にはならないだろうと私は予想していますが、実際にデータが出てみないとわかりません。

まだ運用開始して間もないファンドなので、実際の運用成績がどうなるのかわからないというリスクがあります。

SBI・バンガード・S&P500は米国株への集中投資である

本ファンドの投資対象は、米国の大企業500社です。日本や欧州などの先進国、および中国などの新興国は含まれていません。

2010年代は米国株が絶好調であり、利回りは高水準でした。米国の経済成長の源泉である人口増加とイノベーションの優位性は揺らいでいないので、今後も米国株への期待は大きいです。

しかし、過去の歴史を振り返ると、米国株は常に堅調だったわけではありません。たとえば、S&P500の長期チャートは以下のようになっています。

S&P500の長期チャート

S&P500の長期チャート(引用:tradingview)

例えば、2000年のITバブル崩壊のときは過去の高値を更新するまでに7年かかっています。この間は新興国株投資がもてはやされる一方、米国株は時代遅れといわれていました。

同様に、2007~2008年のサブプライムショック・リーマンショックの時は高値更新までに7年かかっています。戦前の話ではありますが、1929年から始まった世界恐慌のときにいたっては、高値更新までに20年以上かかっています。

米国への集中投資なので、米国経済が低迷した場合は本ファンドのリターンも期待できません。米国株への集中投資なので、時には株価が低迷し続けるリスクもあることを理解しておく必要があります。

ただし、現代では経済のグローバル化が進んでおり、米国の大企業は世界中でビジネスをしています。結局、米国株は世界株といってもよいものも多いので、あまり気にする必要はないかもしれません。

SBI・バンガード・S&P500、米国ETF(VOO)、米国個別株との比較

本ファンド以外の選択肢として、本家VOO(米国ETF)や、米国個別株に投資するという方法があります。どのような違いがあるかをまとめたのが、下表です(手数料はSBI証券で投資する場合)。

 SBI・バンガード・S&PVOO米国個別株
買付手数料なし0.45%(税抜)
毎年かかる費用年率0.0938%年率0.03%なし
売却時手数料なし0.45%(税抜)
為替手数料なし0.25円/ドル
分散投資のしやすさ×
配当再投資のしやすさ×
配当にかかる税金の繰り延べ効果ありなし

コストの観点での比較

SBI・バンガード・S&P500は信託報酬(経費率)が高いことがデメリットです。しかし、売買手数料や為替手数料が不要であるため、運用開始から数年間はむしろコストが安いことが多いです。

SBI・バンガード・S&P500は手間がかからないことがメリット

SBI・バンガード・S&P500は分配金を自動的に再投資できるので手間がかからないのに対して、VOOや米国個別株は自分で再度投資しなければいけないので、手間がかかります。

また、インデックスファンドの場合、分配金をあまり出さずに内部で再投資する場合が多いです。この場合、配当に対する課税はされないので、配当にかかる税金を繰り延べできる効果があるという点でも有利です。

SBI・バンガード・S&P500は運用にかかる手間が少ないので、多少信託報酬が高くても、手軽に米国株投資したい人におすすめです。

SBI・バンガード・S&P500と楽天VTI、eMAXIS Slimの比較

米国株インデックスと連動した、国内の競合ファンドとして、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の2つがあります。これらとの違いを比較したのが下表です。

 SBI・バンガード・S&P楽天VTIeMAXIS Slim米国株式(S&P500)
連動する指数S&P500CRSP USトータル・マーケット・インデックスS&P500
買付手数料なしなしなし
信託報酬(年率)0.0938%0.1720%0.1650%
実質コスト(年率)データなし0.235%0.245%
売却時手数料なしなしなし
純資産(億円)20567299
販売会社SBI証券のみ多くの証券会社多くの証券会社

SBI・バンガード・S&P500の信託報酬は格段に安い

SBI・バンガード・S&P500は信託報酬が格段に安いです。

一方、eMAXIS Slimは「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指す」ことを公式に表明しています。したがって、いずれ追随して値下げすると予想されますが、今のところ発表はありません。差が大きいため、調整が難航しているのかもしれません。

SBI・バンガード・S&P500の純資産はまだ少ないが、今後大きく増えると予想される

また、SBI・バンガード・S&P500の純資産はまだ少ないですが、運用開始から1週間後で20億円も集めているのは驚くべき結果です。投信が早期償還されないための目安といわれる30億円を早々に突破するのは間違いないと思います。

本ファンドはすでに人気があることが裏付けられましたので、純資産がまだ少ないことは特に問題ではないです。

注意が必要な点

ただし、SBI・バンガード・S&P500は販売がSBI証券に限られている点と、実質コスト、乖離率(トラッキングエラー)がわからない点に注意が必要です。

米国株投資はSBI・バンガード・S&P500にするべきか?

本ファンドがよい商品であることは間違いないです。新規で始める人は本ファンドを選ぶとよいです。

一方、他ファンドも追随して信託報酬を値下げする可能性があります。すでに他ファンドを保有している場合は急いで乗り換える必要はありません

それでもSBI・バンガード・S&P500に投資したい場合は、すでに保有している他ファンドは継続保有し、新規分だけSBI・バンガード・S&P500に投資するとよいです。

ブログ・ツイッターにおける、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドの評判、評価

ブログ・ツイッターから、SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドの評判・口コミを調べてみました。

SBI・バンガード・S&P500の悪い評判・口コミ

基本的に好意的な評判・口コミが多く、明確な悪い評判というのはありませんでした。ただし、以下のような懸念点などについてのコメントはいくつか見られました。

SBI・バンガード・S&P500の最大のメリットは低コストであることです。しかし、他ファンドが追随値下げする可能性はありますので、将来にわたって優位性を保てるかはわかりませんね。実質コストがどうなるかは私も気になります。

楽天証券で扱ってくれれば、私もつみたてNISAで投資したいです。現状は販売されていないのが残念ですね。

SBI・バンガード・S&P500の良い評判・口コミ

投資信託などの評価会社を運営しているモーニングスター社の朝倉智也代表取締役社長も、SBI・バンガード・S&P500を高く評価していますね。

【投資信託】SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの評価 - mort投資ブログ
今回のブログ記事はSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの私的評価を記載していきます。 …
【投資信託】【新商品】「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」とは - パワーカップルになるための投資と節約blog
SBI証券がバンガードと提携した投資信託を出すことに。商品名は 「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」 長い(笑)事前の新規募集期間は9月12日~9月25日でした。 バンガードオフィスです(笑) ■概要 SBI証券とバンガード社が共同で開発した投資信託 ・設定日 9月29日 ・対象 VOO ・信託報...

SBI・バンガード・S&P500についての評判・口コミは良い評価が多かったです。低コストな米国株インデックスファンドは多くの方が待ち望んでいたものであることがよくわかります。

SBI・バンガード・S&P500の買い方

SBI・バンガード・S&P500の買い方(投資方法)は以下の通りです。

1.SBI・バンガード・S&P500はSBI証券のみで販売されています。SBI証券の口座を持っていない場合、最初に口座を作ります。

公式ページはこちら⇒ SBI証券

2.SBI証券にログイン後、上部にある「投資信託」タブをクリックし、「SBI・バンガード・S&P500」を検索します。

SBI・バンガード・S&P500を検索する

SBI・バンガード・S&P500を検索する(SBI証券のホームページ)

3.投信の銘柄画面で、買付設定をします。「金額買付(買付金額を指定して注文する)」「口数買付(口数を指定して注文する)」「積立買付(定期的に買い増す設定をする)」「つみたてNISA買付(つみたてNISA口座で積立買付設定をする)」の4つから選び、後は画面に従って注文をすればよいです。

SBI・バンガード・S&P500の買付設定をする

SBI・バンガード・S&P500の買付設定をする(SBI証券のホームページ)

SBI・バンガード・S&P500・インデックスファンドについてのQ&A

SBI・バンガード・S&P500について、上記の補足も兼ねて、以下の疑問にお答えします。下記の目次が各項目へのリンクになっていますので、詳しく知りたいものがあればクリックしてください。

S&P500の値動きは他国の株式と比較して良い?

以下に、SBI・バンガード・S&P500と他の代表的な資産クラスのリターンを比較したグラフを示します(2014年7月~2019年6月)。

SBI・バンガード・S&P500と他の資産クラスのリターンの比較

SBI・バンガード・S&P500と他の資産クラスのリターンの比較(引用:SBI・バンガード・S&P500の交付目論見書)

株式は基本的に債券よりも平均リターンが高くなっていて、中でも本ファンド(連動するS&P500指数)のリターンが最も高くなっています

対象期間の5年間は世界中で米国経済が最も堅調だったためであり、米国経済の相対的な有利さは今後もしばらく続きそうです(米国経済の堅調さの理由についてはこちら)。

リーマンショックのような出来事があれば、株価は短期的に下落することもあると思います。しかし、長期的にみれば米国経済の発展と米国株の成長には今後も期待できそうです。

SBI・バンガード・S&P500の配当利回りは?

SBI・バンガード・S&P500は年1回決算となっています。そのため、決算のタイミングで配当(分配金)が出る可能性はあります。

しかし、国内の低コストなインデックス投信の場合、毎年の分配金は0円になっていることが多いです。SBI・バンガード・S&P500の場合はどうなるかわかりませんが、おそらく配当利回りは0%になるのではないかと考えられます。

配当が出ないことを残念と感じた方もいるかもしれません。

しかし、実は配当を出すと、その都度課税されてしまうため、配当は出さずにファンド内で再投資するほうがトータルリターンは高くなるというメリット(税金の繰り延べ効果)があります。

したがって、配当利回りが0%であることは、実はよいことなのです。

もし途中で現金が必要になったら、SBI・バンガード・S&P500を売却すればよいです。売り注文を出してから数日で現金にできます。

SBI・バンガード・S&P500はつみたてNISAで投資できる?

SBI・バンガード・S&P500はつみたてNISAの対象になっていますので投資可能です。ただし、販売がSBI証券のみに限られているため、つみたてNISA口座をSBI証券で開いている人のみ投資できます。

SBI・バンガード・S&P500はiDeCoで投資できる?

今のところ、SBI・バンガード・S&P500はSBI証券のiDeCoの商品ラインナップに入っていません

SBI・バンガード・S&P500は目玉商品になるファンドですので、SBI証券もラインナップに加えたいだろうと思います。しかし、iDeCoは商品数の上限が決められており(35本)、すでに枠を目いっぱい使っているSBI証券のiDeCoでは簡単にはラインナップに加えられなさそうです。

iDeCo商品数を削減するにはいろいろと手続きが必要なため、SBI・バンガード・S&P500がiDeCoのラインナップに加わるのは当分先になりそうです。

SBI・バンガード・S&P500の評判・口コミのまとめ

本記事では「SBI・バンガード・S&P500・インデックス・ファンドのメリット・デメリット、および他の投信・ETFと比較してどうか?」について、私の考えを紹介しました。

SBI・バンガード・S&P500・インデックス・ファンドが登場したことで超低コストで手軽に米国株投資ができるようになりました。

本家のVOOを買うよりも年間の費用(信託報酬)は少し高くなりますが、売買手数料が不要、かつ配当再投資などの手間がかからないので、はじめての投資などにも適しています

ただし、まだ運用開始したばかりで実質コストや乖離率(トラッキングエラー)はまだわかりません。楽天VTIやeMAXIS Slim米国株式(S&P500)で投資している方は急いで乗り換える必要はなく、今後のデータをみて判断すればよいと思います。

SBI・バンガード・S&P500はSBI証券のみでの販売となっています。本ファンドで投資したいという方は、SBI証券の口座を持っておくとよいです。

投資信託の運用利回りを簡単にアップする方法!

投資信託で長期投資するなら楽天証券がおすすめです。

なぜなら、楽天証券で投資信託を購入・保有すると、楽天スーパーポイントを貯められるだけでなく、ポイントで投資信託を購入できるからです。

ポイントを活用することで簡単に利回りを向上できますので、お得です。

投資信託・ETF
ロイナビ

長期投資ブログ「ロイナビ」の管理人。主に割安株やインデックスファンドに投資しています(成長株にも興味があります)。

株や投資信託の選び方のノウハウやお得情報などを発信しています。

「ロイナビ」をフォローする
この記事をシェアする
「ロイナビ」をフォローする
ロイナビ(長期投資ナビ)
タイトルとURLをコピーしました