「銘柄スカウター活用術」セミナーの感想。銘柄分析とツールの機能に興味がある方におすすめ

「銘柄スカウター 活用術」セミナー 銘柄の選び方
この記事はこんな人に役立ちます。

  • 「ファンダメンタルズ分析に興味があるけど、分析方法がよくわからない」
  • 「個別銘柄の将来性について、プロの見方を知りたい」
ファンダメンタルズ分析(特に売上、利益などの業績の分析)で便利なツールとして、マネックス証券の銘柄スカウターがあります。かなり高機能なツールですが、使いこなせていますでしょうか?

私は以前から一部の機能を使っていましたが、正直いって、あまり使いこなせてはいませんでした

マネックス証券主催の「銘柄スカウター活用術」セミナー(オンラインセミナー)があることを知って聴講してみたところ、今まで自分が知らなかった使い方が実演されており、改めて便利なツールだと感じました

また、本セミナーではプロの投資家2人による日本株の銘柄分析コーナーもあるので、投資に直接役立つというメリットもあります。

本記事ではマネックス証券の「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーの簡単な内容と、聴講した感想について紹介します。

マネックス証券の銘柄スカウターは口座保有者なら無料で使えます。2007年以降の長期業績が手軽に閲覧できるなど、メリットが大きいので、今まで使ったことが無いという方は試しに使ってみるとよいです。

スマホでも簡単に申込・取引できます

銘柄スカウターのメリット・デメリットと、その便利な使い方についてはこちらの記事をどうぞ。
ファンダメンタルズ分析でおすすめの銘柄スカウターの評判。便利な活用術を紹介

「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーの概要

「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーは2019年4月から月1回のペースで行われているオンラインセミナーです。

「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」第3回

「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」第3回(引用:マネックス証券の公式ページ)

セミナーは毎回おおよそ同じような構成になっていて、例えば、第3回セミナーの内容は以下でした。

  1. 本セミナーの趣旨説明
  2. 今月の銘柄スカウターおすすめ機能
  3. 前回セミナーで取り上げた銘柄の振り返り
  4. 事前にご質問いただいた銘柄の分析コーナー

出演者は以下の3名です(敬称略)。

  • 益嶋裕(マネックス証券 マーケット・アナリスト)
  • 坂本慎太郎(こころトレード研究所所長)
  • DAIBOUCHOU(個人投資家)

全体進行役がマネックス証券の益嶋氏で、最初に銘柄スカウターの機能紹介などを行います。その後、メインテーマである「4. 事前にご質問いただいた銘柄の分析コーナー」が行われます(セミナー時間の大部分はこのコーナーが占めています)。

銘柄分析コーナーでは、事前に視聴者から質問されていた銘柄(8銘柄程度)の業績や投資判断などについて、坂本氏とDAIBOUCHOU氏がそれぞれの考えを述べるという内容になっています。

銘柄分析コーナーでは、実際に銘柄スカウターを活用しながら解説していきますので、その使い方を具体的に実感できるというメリットがあります。

これまでの放送は「マネックスTV」(YouTubeの動画)として公開されていますので、過去の放送分はいつでも閲覧できます。

「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーの感想

「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーの感想として、以下の2つについて詳しく述べたいと思います。

  • 今まで知らなかった銘柄スカウターの機能がわかる
  • プロの投資家2人の銘柄分析の見方が参考になる

今まで知らなかった銘柄スカウターの機能がわかる

1つ目のメリットは、今まで知らなかった銘柄スカウターの機能がわかり、使ってみようと思えることです。

私はこれまで銘柄スカウターの一部の機能しか使っていませんでした。しかし、本セミナーでは、銘柄スカウターを実際に使いながら、具体的に銘柄分析してくれますので、どうやって使えばいいかを具体的にイメージできます。

例えば、銘柄比較機能が便利

例えば、本セミナーで知った使い方の一つが、銘柄の投資指標を横並びで比較できる機能です。例えば、第2回セミナーにおいて、ジェイ・エス・ビーの分析をした時の銘柄比較画面が以下です。

銘柄比較画面

銘柄比較画面(引用:第2回セミナー動画)

上表をみると、ジェイ・エス・ビーはROE(自己資本利益率)が比較的高めであるにも関わらず、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)が低くて割安なことがわかります。

このように競合企業を比較することで銘柄の優良さを浮き彫りにできます。銘柄分析の一環としてこの機能を使いたいと思いました。

プロの投資家2人の銘柄分析の見方が参考になる

さらに、本セミナーでは毎回、8銘柄程度についてのプロの分析と投資判断を聞けます。今まで知らなかった企業についての解説を聞けることも多いので、業種の理解や、業界特有の特徴(強みや不安材料)などを理解できる点がよいです。

基本的に銘柄スカウターは定量的なファンダメンタルズ分析が得意ですが、定性的な分析はできません。定性的な投資判断について、長年投資を続けている方々の知見を学ぶことができるというのは大きなメリットだと考えています。

セミナー内で分析してほしい銘柄を事前に募集していますので、興味がある銘柄があれば応募しておくとよいです。

「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーで分析された銘柄

最後に、本セミナーで分析された銘柄を一覧にして紹介します。

第1回「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーで分析された銘柄:

銘柄コード銘柄名質問内容
6182ロゼッタ利確タイミングの考え方
4666パーク24今後の成長余地があるか?
9908日本電計営業キャッシュフローが大きくマイナスになった理由
7172ジャパンインベストメントアドバイザー売られすぎなのではないか?
3677システム情報国内需要の動向について
5301東海カーボン各国の需要がいつまで続くか?
7806MTG今後の見通しについて
4541日医工需要がありそうなのに株価が下がりっぱなしなのはなぜ?

第2回「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーで分析された銘柄:

銘柄コード銘柄名質問内容
3480ジェイ・エス・ビー同業他社と比べて株価評価が低いのはなぜ?
4755楽天長期的に持ち続けてよいか?
7725インターアクション今後の見通しについて
6096レアジョブ株価の乱高下の激しさについて
4344ソースネクスト今後の見通しについて
8053住友商事商社株はなぜ安いのか?
6184鎌倉新書今後の見通しについて
3457ハウスドゥ増収増益だが株価が上がらないのはなぜ?

第3回「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーで分析された銘柄:

銘柄コード銘柄名質問内容
3064MonotaRO投資妙味はありそうか?
6699ダイヤモンドエレクトリックホールディングス話題は豊富だが、上昇余力はあるのか?
3452ビーロット今後の注意点について
2379ディップ業績・資金面もよいのに株価が下がり続けているのはなぜか?
3038神戸物産今後の見通しを知りたい
3323レカム株価が下がり続けている理由は?
6172メタップス将来性についての考えを知りたい
3674オークファンこの銘柄の評価を知りたい

第4回「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーで分析された銘柄:

銘柄コード銘柄名質問内容
6670MCJ保有か売却か?
9424日本通信特許の申請で株価が急上昇。今後の見通しは?
4346ネクシーズグループ今後の成長についての分析を知りたい
3854アイル業績の先行きについての見解を知りたい
2174GCA今後の上昇を期待してよいか?
3919パイプドHD投資のタイミングと注意点を知りたい
2764ひらまつ今後の見通しについて知りたい
6777santec株価が低迷しているが、どのように分析するか?

直近で話題の銘柄や成長株が取り上げられることが多いですが、割安株なども一部入っています。注目している銘柄があれば、過去放送のセミナーを聴講してみるとよいです。

まとめ

本記事ではマネックス証券の「ツキイチ!銘柄スカウター活用術」セミナーの簡単な内容と、聴講した感想について紹介しました。

本セミナーでは高機能な銘柄スカウターの使い方を知ることができるだけでなく、個別銘柄に関するプロの分析結果・投資判断について知ることができます。

銘柄スカウターを使えるのはマネックス証券の口座保有者のみですが、本セミナーは過去分も含めて誰でも閲覧できます(過去分の閲覧は、マネックスTVでどうぞ)。

まずはセミナーを聴講してみるとよいです。それだけでも勉強になります。

そして、銘柄スカウターを使ってみたいと思った方はマネックス証券の口座を作るとよいです(口座保有者は無料で使えます)。

スマホでも簡単に申込・取引できます

銘柄スカウターのメリット・デメリットと、その便利な使い方についてはこちらの記事をどうぞ。
ファンダメンタルズ分析でおすすめの銘柄スカウターの評判。便利な活用術を紹介
タイトルとURLをコピーしました